ユニークキャリア

30代におすすめの転職エージェント16選!選び方・活用方法も解説

30代の転職者が良い転職先を見つけて内定を勝ち取るためには、自分に合った転職エージェント(人材紹介会社)と出会い、最大限活用することが必須条件となる。

30代が転職する際に転職エージェントが欠かせない理由
❶大手企業・人気企業など待遇が良い「お宝求人」には、転職エージェント経由でしか応募できないことが多いから
❷面談の時間だけ取れれば、あとの転職活動の全てを転職エージェントが代わりにやってくれるから(条件に合う求人検索、応募書類作成、企業とのやりとり、年収交渉など)
転職エージェント経由の方が年収がアップ割合が高いから(通常の転職では4割程度の人が年収アップ➡エージェント経由だと6~7割が年収アップ

そして同じ30代でも、その人の置かれている状況や目指したい業界・職種によって、登録すべき転職エージェントは違ってくる。そのため、あなたに合う転職エージェントを間違いなく選び、登録することが非常に重要となるのだ。

実は転職エージェントの数は全国で2万件以上もあるといわれている。この記事では、主要40社の転職エージェントを比較した上で、30代の転職者それぞれの状況に最もマッチする転職エージェントを16社厳選して紹介していく。

ぜひ最後までお読みいただき、あなたにピッタリマッチする転職エージェントを見つけ出してほしい。

もくじ

1. 30代におすすめの転職エージェント16選【比較一覧表】

30代の転職に特におすすめしたい転職エージェントをまとめて比較一覧表にしたので、まずはパッと目を通してみてほしい。具体的な選び方については2章以降で解説していく。

リクルートエージェントDODAマイナビエージェントtype転職エージェントJACリクルートメントパソナキャリアビズリーチリクルートダイレクトスカウトエンエージェントSpring転職エージェントパソナキャリアtype女性の転職エージェントハタラクティブJAIC(ジェイック)レバテックキャリアロバートウォルターズ
分類大手・総合型大手・総合型30代前半向け30代前半向け30代後半向け30代後半向けハイキャリアハイキャリアキャリアチェンジキャリアチェンジ女性女性フリーターフリーター特化型特化型
特徴公開/非公開求人数が業界最多自分で検索できる転職サイト機能もあり若手の転職に強い約71%の年収がアップした実績あり管理職や専門職に特化したエージェント年収アップ率67.1%年収600万円以上の求人多数年収800万円〜2000万円の求人多数業界・職種別アドバイザーがいる職種ごとに精通したコンサルタントが在籍年収アップ率67.1%関東エリアの女性特化型転職エージェント社会人未経験者の就職・転職支援に特化社会人未経験者の就職・転職支援に特化エンジニアに特化グローバル企業に特化
こんな人におすすめ全ての30代におすすめ全ての30代におすすめ初めて転職する30代前半の方におすすめ初めて転職する30代前半の方におすすめ30代後半におすすめ給料を増やしたい30代後半におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ未経験分野に挑戦したい30代におすすめキャリアチェンジしたい30代におすすめ全ての30代女性におすすめ関東在住の30代女性におすすめ学歴・職歴に自信がない30代におすすめ職歴が浅い30代におすすめIT業界・エンジニア・デザイナにおすすめ語学力を活かしたい30代におすすめ
おすすめの年代20代〜40代20代〜40代若手(20代〜30代前半)20代〜40代30代〜50代20代〜40代ハイキャリアを持つ30代以上30代以上20代〜30代20代〜40代20代〜40代20代〜30代メインは20代メインは20代20代〜40代20代〜50代
公開求人数17万2,187件2022年3月8日時点12万6,840件2022年3月7日時点3万4,892件2022年3月8日時点7,581件2022年3月8日時点8,671件2022年3月8日時点3万9,599件2022年3月9日時点7万1,036件2022年3月8日時点10万8,328件2022年4月18日時点1,518件2022年3月9日時点1万5,949件2022年3月9日時点3万9,599件2022年3月9日時点7,588件2022年3月9日時点非公開非公開1万3,685件2022年3月31日時点1,726件2022年3月9日時点
非公開求人数22万8,736件2022年3月8日時点3万7604件2022年3月7日時点3万4,130件2022年3月8日時点1万6,755件2022年3月8日時点非公開非公開非公開非公開1万5,000件2022年3月9日時点3万4,970件2022年3月9日時点非公開1万6,821件2022年3月9日時点非公開非公開非公開非公開
得意な業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界IT業界に特化全業界
対応エリア日本全国日本全国日本全国関東(一都三県)日本全国日本全国+海外日本全国+海外日本全国日本全国日本全国+海外日本全国+海外関東(1都3県)日本全国日本全国日本全国関東+関西がメイン
30代向けのメリット30代向けの非公開求人が多い自分でも求人情報を検索・応募できる一人ひとりに寄り添う転職サポートが充実年収が上がりやすいミドル層の転職に特化年収アップする可能性が高い年収1,000万円以上の求人が1/3を占める高年収含めて求人数がとにかく多い転職者に寄り添った転職支援を受けられる各職種に精通したプロがサポート30代女性向けの求人情報が多い女性ならではの求人情報が集まっている学歴に自信がなくてもOK未経験者の就職成功率が高いエンジニアの求人が多数外資系・日系グローバル企業案件が多数
30代向けのデメリットサポート期間は3カ月に限定されている非公開求人数は少なめ30代後半には向かない関東以外の求人は少ない経験が浅い30代には向かない大手ほど求人数が多くない審査がある/一部有料サービスあり特になし公開求人数は少なめ担当者が案件ごとに変わる可能性あり大手ほど求人数が多くない関東エリアに限定されている30代後半では厳しいかも…30代後半では厳しいかも…特化型なので求人数は多くないエリアが限られている
リンク公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔

比較表を見ると分かる通り、転職エージェントごとに求人数も「おすすめの転職者」も異なる。そのため、今回の記事を読んで「あなたに合う転職エージェントがどれか」見つけ出すことが、転職成功につながる重要なポイントとなる。

ぜひ最後まで目を通し、あなたにマッチしたサービスを選んでいただきたい。

2. 30代転職者が自分に最適な転職エージェントを選ぶ方法

30代転職者が最短で転職先を決めたいなら、転職エージェントは1つだけではなく、必ず2社~5社の転職エージェントに登録することをおすすめする。

なぜならば、実際に転職成功者の75%が、2社〜5社の転職エージェントに登録した上で転職を成功させているからだ。(「12-1. 必ず複数の転職エージェントに登録しよう」でさらに詳しく後述)

ちなみに、6社以上と回答した人の割合はゼロだったため、登録するエージェントの数が多すぎるのもおすすめしない。

組み合わせとしては、【総合型2つ+状況に応じたエージェント1つ以上】の転職エージェントを選んで併用するのがおすすめだ。

総合型の転職エージェント全国対応で、求人数が多く、全ての業界・職種に対応した転職エージェントのこと。求人数が多いため、どの転職者にもおすすめ。
状況に応じた転職エージェント・年代別に特化した転職エージェント・ハイキャリア(高年収や管理職)に特化した転職エージェント・女性に特化した転職エージェント・特定の業界に特化した転職エージェントなど

この記事では、あなたに合う転職エージェントを選べるよう、総合型+状況に応じた転職エージェントに分類して紹介していく構成にした。以下からあなたの状況にマッチするものを選び、ぜひ最適な転職エージェントを見つけてほしい。

求人数が多い総合型転職エージェント➡解説を読む・リクルートエージェント・DODA(ドゥーダ)
30代前半向け➡解説を読む・マイナビエージェント・typeエージェント
30代後半向け➡解説を読む・JACリクルートメント・パソナキャリア
ハイキャリアの30代向け年収600万円以上など➡解説を読む・ビズリーチ・リクルートダイレクトスカウト
キャリアチェンジしたい30代未経験分野に挑戦など➡解説を読む・エンエージェント・Spring転職エージェント
30代女性向け➡解説を読む・パソナキャリア・type女性の転職エージェント
30代フリーター向け➡解説を読む・ハタラクティブ・JAIC(ジェイック)
IT/エンジニア職の30代➡解説を読む・レバテックキャリア
外資系に転職したい30代➡解説を読む・ロバートウォルターズ

3.【総合型】30代がまず登録するべき転職エージェント

まずは、求人数が圧倒的に多く、日本全国に対応し、どんな業界にも職種にも対応している【総合型】の転職エージェントを2つ紹介する。

総合型は求人数が数十万単位で存在するため、どんな業界・職種の方でも求人を紹介してもらえる。また、経験が豊富な30代向けの求人から未経験応募可能な求人まで幅広く揃っている。つまり、全ての30代におすすめだ。

リクルートエージェントDODA
分類大手・総合型大手・総合型
特徴公開/非公開求人数が業界最多自分で検索できる転職サイト機能もあり
こんな人におすすめ全ての30代におすすめ全ての30代におすすめ
おすすめの年代20代〜40代20代〜40代
公開求人数17万2,187件2022年3月8日時点12万6,840件2022年3月7日時点
非公開求人数22万8,736件2022年3月8日時点3万7604件2022年3月7日時点
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国日本全国
30代向けのメリット30代向けの非公開求人が多い自分でも求人情報を検索・応募できる
30代向けのデメリットサポート期間は3カ月に限定されている非公開求人数は少なめ
リンク公式サイト➔公式サイト➔

総合型の2つの転職エージェントはどちらも優良エージェントなので、迷ったらぜひ両方使ってみることをおすすめする。使っていくうちに、相性の良いエージェントが分かるはずなので、メインに活用するエージェントを決めていこう。

3-1. リクルートエージェント【総合型】全ての30代におすすめのエージェント

出典:リクルートエージェント

公開求人数・非公開求人数ともに全エージェントの中で最多

株式会社リクルートが運営する大手転職エージェント「リクルートエージェント」。求人数がとにかく多く、公開求人数・非公開求人数ともに今回紹介する全エージェントの中で最多だ。

どの業界でも多くの求人を紹介してもらえるので、全ての30代におすすめ。たくさんの求人情報の中から、真にあなたに最適な転職先を一緒に探せるメリットがある。

「どの転職エージェントに登録したら良いか分からない」という方はとりあえず登録しておこう!

リクルートエージェントがおすすめな30代はこんな人
❶どの転職エージェントにすればいいか迷っている全ての30代求職者❷大手の信頼できるエージェントを選びたい30代
リクルートエージェントの30代向けのメリット
◆求人数がとにかく多いため、30代向けの求人情報も豊富◆リクルート独自の職務経歴書作成ツールや面接対策、セミナーなども充実◆業界最大手のエージェントなので企業への交渉力も高い
リクルートエージェントの30代向けのデメリット
◆サポート期間が3カ月に限定されている
リクルートエージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんリクルートエージェントは30代なら必ず登録するべき転職エージェント!○○○○○○○○○
リクルートエージェント
公開求人数17万2,187件(2022年3月8日時点)
非公開求人数22万8,736件(2022年3月8日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

リクルートエージェント公式サイト

3-2. DODA(ドゥーダ)【総合型】転職サイト機能も持つ超おすすめ転職エージェント

出典:DODA

自分でも応募可能!転職サイト+エージェントを併用できる

パーソルキャリア株式会社が運営する「DODA(ドゥーダ)」。最大の特徴は、自分で転職情報を検索する「転職サイト」機能と、求人紹介してもらえる「転職エージェント」機能を併せ持っているところ。

自分で転職先を探したり直接応募したりも可能。チャネルを増やして、転職先の選択肢を増やしたい30代転職者におすすめだ。

転職サポートを受けながら、自分でも空いた時間に転職情報を検索したい30代の方は、ぜひ「リクルートエージェント」とともに登録しておこう

DODAがおすすめな30代はこんな人
❶自分でも多くの転職情報を検索して、転職先を探したい30代❷大手企業から中小企業・ベンチャーまで、幅広い求人情報を得たい30代
DODAの30代向けのメリット
◆転職サイト機能もあるため、自分でも転職情報を検索できる◆転職者満足度ナンバーワンの評判を得ている(※電通バズリサーチ調べ)
DODAの30代向けのデメリット
◆リクルートエージェントと比べると、非公開求人数は少なめ
DODAを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント佐藤さんDODAは30代なら必ず登録するべき転職エージェント!転職サイトと転職エージェントの機能を両方使えるから、最短で転職活動を効率的に進められます。
DODA(ドゥーダ)
公開求人数12万6,840件(2022年3月7日時点)
非公開求人数3万7604件(2022年3月7日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

DODA公式サイト

4.【30代前半】30歳~34歳までの方におすすめの転職エージェント

ここからは、今までの経験を生かしてスキルアップしたい30代前半(おおむね30歳~34歳まで)におすすめの転職エージェントを紹介する。

特に初めて転職する30代前半の方に向けて、一人ひとりの転職者に寄り添ってくれる転職エージェントを2社厳選したので参考にしてほしい。

マイナビエージェントtype転職エージェント
分類30代前半向け30代前半向け
特徴若手の転職に強い約71%の年収がアップした実績あり
こんな人におすすめ初めて転職する30代前半初めて転職する30代前半
おすすめの年代若手(20代〜30代前半)20代〜30代
公開求人数3万4,892件2022年3月8日時点7,581件2022年3月8日時点
非公開求人数3万4,130件2022年3月8日時点1万6,755件2022年3月8日時点
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国関東(一都三県)
30代向けのメリット一人ひとりに寄り添う転職サポートが充実年収が上がりやすい
30代向けのデメリット30代後半には向かない関東以外の求人は少ない
リンク公式サイト➔公式サイト➔

※未経験分野に挑戦したい30代前半の方は、「7.【キャリアチェンジ】未経験分野に挑戦したい30代向けおすすめ転職エージェント」がおすすめ。

※社会人未経験など職歴に自信がない30代前半の方は、「10.【フリーター】職歴がない30代向けのおすすめ転職エージェント」がおすすめ。

4-1. マイナビエージェント/初めて転職する30代前半におすすめのエージェント

出典:https://mynavi-agent.jp/

一人ひとりにじっくり向き合う面接対策などが強み

株式会社マイナビが運営する大手転職エージェント「マイナビエージェント」。最初に紹介した「リクナビエージェント」と比べると求人数は1/4程度と少なめだが、一人ひとりの求職者に丁寧な寄り添ったサービスが人気だ。

若手の転職に強いエージェントなので、30代前半までの利用がおすすめ。「初めての転職で不安」「転職活動って何をしたら良いか分からない」という30代におすすめの転職エージェントだ。

マイナビエージェントがおすすめな30代はこんな人
❶初めての転職でどうしたら良いか分からない30代前半の方❷応募書類の添削から面接対策までじっくり相談したい30代前半の方
マイナビエージェントの30代向けのメリット
◆応募書類の添削から面接対策まで、一人ひとりに向き合ってくれる◆求人情報の提案にミスマッチが少ないと評判
マイナビエージェントの30代向けのデメリット
◆リクナビエージェントと比べると求人数は少なめ(ただしマッチ率は高いと評判)◆若手向けの転職エージェントなので、30代後半は別のエージェントが向いているかも
マイナビエージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんマイナビエージェントは○○○○○○○○○
マイナビエージェント
公開求人数3万4,892件(2022年3月8日時点)
非公開求人数3万4,130件(2022年3月8日時点)
おすすめの年代20代~30代(34歳までの登録者が全体の80%以上)
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

マイナビエージェント公式サイト

4-2. type転職エージェント/年収アップさせたい30代前半におすすめのエージェント

出典:type転職エージェント

約71%が年収アップ!若手の転職サポートが充実

株式会社キャリアデザインセンターが運営する大手転職エージェント「type転職エージェント」。このエージェントの特徴は、年収アップ交渉に強いところ。なんと約71%の年収がアップした実績を持っているで心強い。

セミナーや相談会も多く開催しており、初めて転職する方に寄り添うサービスを展開しているのも特徴。ただしセミナーの対象者は「35歳くらいまで」となっており、30代後半の方には向かないので注意が必要だ。

type転職エージェントがおすすめな30代はこんな人
❶今よりも年収をアップさせたい30代前半の方❷相談会に相談して、今後のキャリアなどの相談に乗ってもらいたい30代前半の方
type転職エージェントの30代向けのメリット
◆条件交渉力が強いため、今よりも年収がアップしやすい◆「今後のためのキャリア相談会」などを頻繁に開催している
type転職エージェントの30代向けのデメリット
◆求人情報は「関東(一都三県)」が中心となり、それ以外の案件は少ない◆若手向けの転職エージェントなので、30代後半は別のエージェントが向いているかも
type転職エージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんtype転職エージェントは○○○○○○○○○
type転職エージェント
公開求人数7,581件(2022年3月8日時点)
非公開求人数1万6,755件(2022年3月8日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア関東(一都三県)のみ
得意な業界全業界対応(IT・Web系に強み)

type転職エージェント公式サイト

5.【30代後半】35歳~39歳の方におすすめの転職エージェント

ここからは、30代後半(おおむね35歳~39歳)の経験者向けの転職エージェントを紹介していく。

30代後半ともなると、ポテンシャル採用(伸びしろを評価する採用方法)は難しくなり、より専門性や知識、マネジメント経験など重要視される。

実は、多くの転職サイトや転職エージェントのメインターゲット層は20代~30代前半までとなっている。だからこそ、30代後半が質の高い求人を見つけるためには、30代後半に強い転職エージェントに登録する必要があるのだ。

ずばり、数多くある転職エージェントの中で厳選した30代後半向けのおすすめ転職エージェントは以下の2社だ。

JACリクルートメントパソナキャリア
分類30代後半向け30代後半向け
特徴管理職や専門職に特化したエージェント年収アップ率67.1%
こんな人におすすめ30代後半におすすめ給料を増やしたい30代後半におすすめ
おすすめの年代30代〜50代20代〜40代
公開求人数8,671件2022年3月8日時点3万9,599件2022年3月9日時点
非公開求人数非公開非公開
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国日本全国+海外
30代向けのメリットミドル層の転職に特化年収アップする可能性が高い
30代向けのデメリット経験が浅い30代には向かない大手ほど求人数が多くない
リンク公式サイト➔公式サイト➔

なお、ここで紹介する転職エージェントは、経験やスキルが十分な30代転職者向けだ。未経験分野にチャレンジしたい30代後半の方は、「7.【キャリアチェンジ】未経験分野に挑戦したい30代向けおすすめ転職エージェント」を参照してほしい。

また、年収600万円以上などのハイキャリア向け求人に応募したい方は、「6.【ハイクラス】年収600万円以上を目指す30代におすすめの転職エージェント」もおすすめだ。

5-1. JACリクルートメント/管理職・専門職の30代後半におすすめのエージェント

出典:JACリクルートメント

30代後半やミドルクラスに特化した転職エージェント

株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する大手転職エージェント「JACリクルートメント」。30代・40代・50代のミドル層に特化した転職エージェントで、課長・マネージャー・部長・役員クラスの転職や、技術職・専門職の転職に強い。

特に、マネジメント経験を活かしたい方におすすめだ。逆に言うと、経験がまだ浅い30代前半の方には向いていない転職エージェントといえる。条件に合う方はぜひ登録してみよう。

JACリクルートメントがおすすめな30代はこんな人
❶マネジメント経験や専門職経験がある30代後半の方❷経験を生かして今よりも年収をアップさせたい30代後半の方
JACリクルートメントの30代向けのメリット
◆ミドル層に特化しているエージェントなので、優良案件が揃っている
JACリクルートメントの30代向けのデメリット
◆経験が浅い30代の場合は、案件を紹介してもらえない可能性あり
JACリクルートメントを利用した30代転職者の評判
東京都/38歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんJACリクルートメントは○○○○○○○○○
JACリクルートメント
公開求人数8,671件(2022年3月8日時点)
非公開求人数非公開
おすすめの年代30代〜50代のミドル層
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

JACリクルートメント公式サイト

5-2. パソナキャリア/年収アップしたい30代後半向けおすすめの転職エージェント

出典:パソナキャリア

67.1%が年収アップ!給料を増やしたい30代後半におすすめ

株式会社パソナが運営する「パソナキャリア」は、年収アップしたい30代後半の経験者に人気の転職エージェント。

求人数は「リクルートエージェント」ほど多くないが、「未経験応募可」から「年収700万円以上のハイクラス転職」まで、幅広い求人情報が見つかる。そのため、経験豊富な30代後半がスキルアップできる転職先を見つけやすい。67.1%が年収アップした実績 があるため、年収アップも見込める。

お客様満足度4年連続No.1(※)を得ており、サポートの手厚さも評判だ。年収アップを狙うなら、ぜひ登録しておこう。

※2019-2022年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント

パソナキャリアがおすすめな30代はこんな人
❶年収アップさせたい経験豊富な30代後半におすすめ
パソナキャリアの30代向けのメリット
◆67.1%が年収アップした実績があるため、年収アップが見込める◆30代後半の経験豊富な方向け求人情報が充実している◆電話やメールのレスポンスなどの返信が早い
パソナキャリアの30代向けのデメリット
◆大手転職エージェントほど求人情報件数は多くない
パソナキャリアを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんパソナキャリアは○○○○○○○○○
パソナキャリア
公開求人数7,581件(2022年3月8日時点)
非公開求人数1万6,755件(2022年3月8日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国+海外
得意な業界全業界対応

パソナキャリア公式サイト

6.【ハイキャリア】年収600万円以上を目指す30代におすすめの転職エージェント

ここからは、年収600万円以上を目指すハイキャリア向けの転職エージェントを紹介していく。

通常の転職エージェントでは年収300万円~500万円などの求人情報が多く集まっているため、ハイキャリア向けの案件は一部に過ぎない。そのため、ハイキャリア求人に応募したいなら、ハイキャリア専門の転職エージェントがおすすめ。効率的に条件に合う求人情報が見つかる。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウト
分類ハイキャリアハイキャリア
特徴年収600万円以上の求人多数年収800万円〜2000万円の求人多数
こんな人におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ
おすすめの年代30代以上20代〜50代
公開求人数7万1,036件2022年3月8日時点20万4,858件2022年3月8日時点
非公開求人数非公開非公開
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国+海外日本全国
30代向けのメリット年収1,000万円以上の求人が1/3を占める高年収含めて求人数がとにかく多い
30代向けのデメリット審査がある/一部有料サービスあり特になし
リンク公式サイト➔公式サイト➔

それぞれに特徴があるため、デメリットも把握したうえで登録してみよう。

6-1. ビズリーチ/年収600万円以上のハイクラス30代におすすめのエージェント

出典:ビズリーチ

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上!ハイクラス特化エージェント

株式会社ビズリーチが運営する大手転職エージェント「ビズリーチ」。TVCMも多く流しており、ハイクラス転職といえばビズリーチというイメージが確立されている。

そのため優良求人が多く集まっており、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める。大手企業や高年収を狙いたい方は必ず登録しておきたい転職サービスだ。

ただし、転職支援を受けるためには審査に通る必要があり、経験が浅い方は利用できない可能性がある。あなたの市場価値を見極める意味でも、まずは登録申請してみてはいかがだろうか。

ビズリーチがおすすめな30代はこんな人
❶年収600万円以上の管理職や専門職経験がある30代の方❷大手企業からのスカウトを受けたい30代の方
ビズリーチの30代向けのメリット
◆登録には審査が必要であり、大手企業など優良案件が揃っている
ビズリーチの30代向けのデメリット
◆経験が浅い30代の場合は、登録審査に通らない可能性がある◆全機能を使うには一部有料となっており、無料期間は1カ月なので短期決戦向け
ビズリーチを利用した30代転職者の評判
東京都/38歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんビズリーチは○○○○○○○○○
ビズリーチ
公開求人数7万1,036件(2022年3月8日時点)
非公開求人数非公開
おすすめの年代ハイキャリアを持つ30代以上の方(転職者の6割が35歳以上)
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

ビズリーチ公式サイト

6-2. リクルートダイレクトスカウト/ハイクラス30代におすすめのエージェント

出典:リクルートダイレクトスカウト

年収800万円〜2000万円のハイクラス求人が多数見つかる

株式会社リクルートが運営する転職エージェント「リクルートダイレクトスカウト」(旧キャリアカーバー)。とにかく求人数が多いのが特徴で、全体の求人数は約20万件。その中で年収800万円以上に限定しても、約4万件の求人情報が見つかる。

ハイクラスと謳っているが、年収600万円以下の求人情報も多数あり、幅広い選択肢から次のキャリアを決めていきたい方にも向いている

一部有料サービスがある「ビズリーチ」と比較すると、全て無料で使える安心感がある。ハイクラス求人を狙う30代の方は必ず登録しておきたい転職エージェントだ。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな30代はこんな人
❶ハイクラス求人を狙う全ての30代の方(年収300万円〜求人案件あり)❷年収にこだわらず、たくさんの求人を紹介してもらいたい30代の方
リクルートダイレクトスカウトの30代向けのメリット
◆ビズリーチと違って審査がなく、全て無料で使える
リクルートダイレクトスカウトの30代向けのデメリット
◆経歴・キャリアが浅い30代の場合、スカウトが届きにくい◆ヘッドハンターからのスカウトを待つ仕組みなので、時間がかかる場合がある
リクルートダイレクトスカウトを利用した30代転職者の評判
東京都/38歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんリクルートダイレクトスカウトは○○○○○○○○○
リクルートダイレクトスカウト
公開求人数20万4,858件(2022年3月8日時点)
非公開求人数非公開
おすすめの年代20代〜50代
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

リクルートダイレクトスカウト公式サイト

7-1. エンエージェント/未経験職種にチャレンジしたい30代向けおすすめエージェント

出典:エンエージェント

業界・職種別アドバイザーがキャリアチェンジをサポート

エン・ジャパン株式会社が運営する転職エージェント「エンエージェント」は、業界別・職種別に精通したキャリアアドバイザーがいるのが大きな特徴。独自の適性診断テストを行った上でその結果をもとにキャリア相談ができるのも特徴だ。

公開求人数は1,500件程度とかなり少なめだが、非公開求人は1万5千件保有しており、優良求人と出会える可能性もある。求人数最多の大手転職エージェントにはない、一人ひとりに寄り添った転職支援サービスが期待できる。

業界・職種に特化したキャリアアドバイザーにアドバイスをもらいながら、未経験分野にチャレンジしたい30代はぜひ登録しておくと良いだろう。

エンエージェントがおすすめな30代はこんな人
❶未経験の業界・職種にチャレンジしたい30代の方❷丁寧な転職支援サポートを受けたい30代の方
エンエージェントの30代向けのメリット
◆業界・職種ごとに精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる
エンエージェントの30代向けのデメリット
◆大手転職エージェントと比べると、求人数はかなり少なめ◆エリアによっては求人情報が見つからない可能性がある
エンエージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/33歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんエンエージェントは○○○○○○○○○
エンエージェント
公開求人数1,518件(2022年3月9日時点)
非公開求人数1万5,000件(2022年3月9日時点)
おすすめの年代20代〜30代
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

エンエージェント公式サイト

7-2. Spring転職エージェント/未経験職種に挑戦したい30代向けおすすめエージェント

出典:Spring転職エージェント

各職種のプロフェッショナルが30代の転職成功をサポート

アデコ株式会社が運営する転職エージェント「Spring転職エージェント」。各職種に精通したプロフェッショナルが転職成功をサポートしてくれるのが特徴だ。例えば、営業・マーケティング、経営層・経理・財務・法務、ITエンジニア・クリエイティブなどの専門家が在籍している。

特に力を入れているのが、ITエンジニア系職種へのキャリアチェンジ。入社前に基礎からのスキルアップ研修も行ってくれるのが嬉しい。需要が高まっている職種に挑戦したい30代の方はぜひ登録してみよう。

Spring転職エージェントがおすすめな30代はこんな人
❶未経験分野にチャレンジしたい意欲的な30代の方❷需要が高まる職種(ITエンジニア職など)にキャリエチェンジしたい30代の方
Spring転職エージェントの30代向けのメリット
◆分野ごとに精通するコンサルタントが在籍しており、転職をサポートしてくれる◆外資系企業やグローバル企業の求人情報も扱っている
Spring転職エージェントの30代向けのデメリット
◆紹介される求人ごとに担当が変わる可能性がある
Spring転職エージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/33歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんSpring転職エージェントは○○○○○○○○○
Spring転職エージェント
公開求人数1万5,949件(2022年3月9日時点)
非公開求人数3万4,970件(2022年3月9日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国+海外
得意な業界全業界対応(ITエンジニア職への転職に強い)

Spring転職エージェント公式サイト

8. 【女性】30代女性におすすめの転職エージェント

ここからは、特に30代女性におすすめの転職エージェントを紹介していく。

あなたが女性ならば、最初に紹介した総合型転職エージェントにプラスして、ここから紹介する転職エージェントにも登録することをおすすめする。なぜならば、女性が働きやすい職場の求人情報が集まっているからだ。

「男性でも女性でも活躍できる人材がいれば」という企業ではなく、「ぜひ女性にこそ来てほしい」という企業に応募したい方はぜひ以下の2つの転職エージェントをおすすめする。

パソナキャリアtype女性の転職エージェント
分類女性女性
特徴年収アップ率67.1%関東エリアの女性特化型転職エージェント
こんな人におすすめ全ての30代女性におすすめ関東在住の30代女性におすすめ
おすすめの年代20代〜40代20代〜30代
公開求人数3万9,599件2022年3月9日時点7,588件2022年3月9日時点
非公開求人数非公開1万6,821件2022年3月9日時点
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国+海外関東(1都3県)
30代向けのメリット30代女性向けの求人情報が多い女性ならではの求人情報が集まっている
30代向けのデメリット大手ほど求人数が多くない関東エリアに限定されている
リンク公式サイト➔公式サイト➔

8-1. パソナキャリア/年収アップしたい30代女性におすすめの転職エージェント

出典:パソナキャリア

67.1%が年収アップ!全ての30代女性におすすめ

株式会社パソナが運営する転職エージェント「パソナキャリア」。女性に特化した転職エージェントではないが、30代女性向けの求人情報が多く集まっているためおすすめだ。

「未経験応募可」から「年収700万円以上のハイクラス転職」まで、幅広い求人情報が見つかる。そのため、経験豊富な30代後半女性がスキルアップできる転職先を見つけやすい。67.1%が年収アップした実績 があるため、年収アップも見込める。

オリコン顧客満足度調査でも4年連続No.1の評価を得ている転職エージェントであり、サポートの手厚さにも定評がある。30代女性なら必ず登録しておくことをおすすめする。

パソナキャリアがおすすめな30代はこんな人
❶全ての30代女性の方❷特に、年収アップさせたい経験豊富な30代後半女性におすすめ
パソナキャリアの30代向けのメリット
◆67.1%が年収アップした実績があるため、年収アップが見込める◆30代女性向けの求人情報が充実している◆電話やメールのレスポンスなどの返信が早い
パソナキャリアの30代向けのデメリット
◆大手転職エージェントほど求人情報件数は多くない
パソナキャリアを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんパソナキャリアは○○○○○○○○○
パソナキャリア
公開求人数7,581件(2022年3月8日時点)
非公開求人数1万6,755件(2022年3月8日時点)
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国+海外
得意な業界全業界対応

パソナキャリア公式サイト

8-2. type女性の転職エージェント/関東圏の30代女性におすすめの転職エージェント

出典:type女性の転職エージェント

関東(1都3県)に強い女性特化型の転職エージェント

株式会社キャリアデザインセンターが運営する「type女性の転職エージェント」は、女性に特化した転職エージェントだ。

女性特化型なので、「男性ではなく女性にこそ来てほしい」という求人情報を紹介してもらえるのが最大のメリット。ただし関東以外の求人情報は少ないこと(ゼロではない)、20代〜30代前半など若年層向け案件が多いことがデメリットとして挙げられる。

関東圏で女性が働きやすい職場を探しているならぜひ登録しておこう。

type女性の転職エージェントがおすすめな30代はこんな人
❶関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)在住の30代女性の方❷女性が働きやすい職場を求めている30代女性の方
type女性の転職エージェントの30代向けのメリット
◆女性特化型なので、女性が活躍できる求人情報のみ紹介してもらえる◆転職に悩む女性に最適なキャリアカウンセリングが受けられる◆面接時のメイクアップサービスがある
type女性の転職エージェントの30代向けのデメリット
◆関東以外の求人情報が少ない◆特化型なので、大手・総合型転職エージェントほど求人情報は多くない
type女性の転職エージェントを利用した30代転職者の評判
東京都/31歳/女性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんtype女性の転職エージェントは○○○○○○○○○
type女性の転職エージェント
公開求人数7,588件(2022年3月9日時点)
非公開求人数1万6,821件(2022年3月9日時点)
おすすめの年代20代〜30代前半がメインユーザー層
対応エリア日本全国(関東案件が多い)
得意な業界全業界対応

type女性の転職エージェント公式サイト

9.【IT/外資系】30代向けのおすすめ特化型転職エージェント

業界によっては、その業界に特化した転職エージェントがある。そうした業界に行きたい方は、特化型転職エージェントの方が効率的に最適な求人を紹介してもらえる可能性が高い

・エンジニア職種に転職したい30代なら➡レバテックキャリア

・外資系・日経グローバル企業に転職したい30代なら➡ロバートウォルターズ

レバテックキャリアロバートウォルターズ
分類特化型特化型
特徴エンジニアに特化グローバル企業に特化
こんな人におすすめIT業界・エンジニア・デザイナにおすすめ語学力を活かしたい30代におすすめ
おすすめの年代20代〜40代20代〜50代
公開求人数1万3,685件2022年3月9日時点1,726件2022年3月9日時点
非公開求人数非公開非公開
得意な業界IT業界に特化全業界
対応エリア日本全国関東+関西がメイン
30代向けのメリットエンジニアの求人が多数外資系・日系グローバル企業案件が多数
30代向けのデメリット特化型なので求人数は多くないエリアが限られている
リンク公式サイト➔公式サイト➔

最初に紹介した総合型にも登録しつつ、特化型のエージェントでも転職活動を進めていこう。

9-1.  レバテックキャリア/IT業界の30代におすすめの転職エージェント

出典:レバテックキャリア

IT・エンジニア・デザイナー特化型転職エージェントNo.1

レバテック株式会社が運営する「レバテックキャリア」は、IT特化型の中でも最もおすすめの転職エージェント。初回提案内定率が90%と、マッチング力の高さに定評がある。年収アップ率も60%以上を誇っており、待遇を改善したいエンジニア、デザイナーにおすすめだ。

20代〜40代以上まで幅広い年齢層に対応しており、上流工程や高年収案件(800万円以上)のハイクラス求人も豊富に見つかる。IT業界に精通したキャリアアドバイザーが、あなたのスキルや経験に応じた適切な転職先を見つけてくれるのが嬉しいポイントだ。

完全未経験の方向けの求人情報はほとんどなく、経験者が自分のスキルや能力を生かせる求人のみが掲載されている。今よりも良い環境で働きたいIT分野の30代の方なら、必ず登録しておくべきサービスである。

レバテックキャリアがおすすめな30代はこんな人
❶IT業界でエンジニア・デザイナーとして活躍したい30代の方
レバテックキャリアの30代向けのメリット
◆IT特化型転職エージェントなので、効率良く転職活動を進められる
レバテックキャリアの30代向けのデメリット
◆IT業界以外の方には向かない
レバテックキャリアを利用した30代転職者の評判
東京都/38歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんレバテックキャリアは○○○○○○○○○
レバテックキャリア
公開求人数1万3,685件(2022年3月31日時点)
非公開求人数非公開
おすすめの年代20代〜40代
対応エリア日本全国に対応
得意な業界IT業界に特化

レバテックキャリア公式サイト

9-2.  ロバートウォルターズ/外資系を目指す30代向けおすすめ転職エージェント

出典:ロバートウォルターズ

外資系・日系グローバル企業への転職を支援

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社が運営する「ロバートウォルターズ」は、ロンドン発の外資系転職エージェント。外資系企業や日系グローバル企業で語学力を生かした仕事を紹介してもらえる。

紹介できる企業が限定されているため求人数は少なめだが、特化している分、効率よく転職活動を進められるメリットがある。ただし、そうした企業案件は関東エリアと関西エリアに集中しているため、地方案件は少なめだ。

職種は多岐に渡っており、さまざまな分野で語学力を発揮しながら働きたい方はぜひ登録しておこう。

ロバートウォルターズがおすすめな30代はこんな人
❶外資系や日系グローバル企業に転職したい30代の方
ロバートウォルターズの30代向けのメリット
◆企業が限定されている分、効率よく転職活動を進められる
ロバートウォルターズの30代向けのデメリット
◆特化型のため求人数はかなり限られており、関東・関西案件がほとんど
ロバートウォルターズを利用した30代転職者の評判
東京都/38歳/男性/600~699万円:自分が考えていた職種以外の提案もあり、自分に向いている仕事を第三者目線から考える良いきっかけをいただきました。客観的なアドバイスがあり、転職について生き方について見直す良いきっかけになりました。
キャリアコンサルタント○○さんロバートウォルターズは○○○○○○○○○
ロバートウォルターズ
公開求人数1,726件(2022年3月9日時点)
非公開求人数非公開
おすすめの年代20代〜50代
対応エリア関東+関西がメイン
得意な業界全業界

ロバートウォルターズ公式サイト

10.【フリーター】職歴がない30代向けのおすすめ転職エージェント

最後に、フリーターやニートの方、職歴がない30代の方におすすめの転職エージェントを紹介していく。

ここまで紹介した転職エージェントは、基本的には「ある程度の社会人経験を保有した人」を対象にしている転職エージェントだ。そのため、社会人経験が無い方や極端に職歴が浅い方には向いていない。

一方、これから紹介する2社の転職エージェントは、社会人未経験者がターゲットの転職エージェントだから安心して活用してほしい。ただし、どちらのサービスもメインターゲットは20代となるため、利用するなら35歳ぐらいまでと考えておこう。

ハタラクティブJAIC(ジェイック)
分類フリーターフリーター
特徴社会人未経験者の就職・転職支援に特化無料の研修が充実した未経験者向けサービス
こんな人におすすめ学歴・職歴に自信がない30代におすすめ職歴が浅い30代におすすめ
おすすめの年代メインは20代メインは20代
公開求人数非公開非公開
非公開求人数非公開非公開
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国日本全国
30代向けのメリット学歴に自信がなくてもOK未経験者の就職成功率が高い
30代向けのデメリット30代後半では厳しいかも…30代後半では厳しいかも…
リンク公式サイト➔公式サイト➔

20代に負けない熱意ややる気をしっかり見せた上で、転職支援サービスを活用するようにしよう。

10-1. ハタラクティブ/スキルや経歴に自信がない30代におすすめの転職エージェント

出典:ハタラクティブ

未経験に特化したサポートあり!スキルや経歴に自信がない30代におすすめ

レバレジーズ株式会社Mが運営する「ハタラクティブ」は、若年層フリーター向けの転職支援サービス。

公式サイトには「20代の就職・転職をサポート」とあるが、年齢制限は特に定められていないため、30代でも登録は可能だ。ハタラクティブの体験談を見ると30代でアルバイトから正社員に就職した方の体験談がしっかりと掲載されている。

30代後半になるとなかなか求人紹介されない可能性があるものの、30代前半の方は登録してみよう。

ハタラクティブがおすすめな30代はこんな人
❶社会人未経験者・フリーター・ニート・職歴が浅い30代の方❷中卒・高卒・専門卒など学歴に自信がない30代の方
ハタラクティブ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめの年代20代がメインターゲット(年齢制限は特に定められていない)
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

ハタラクティブ公式サイト

10-2. JAIC(ジェイック)/正社員になりたい30代におすすめの転職エージェント

出典:JAIC

就職成功率・入社後定着率が高い!30代の社会人未経験者におすすめ

株式会社ジェイックは、フリーター・未経験・大学中退の方でも優良企業の正社員に就職できるよう支援してくれる転職エージェント。就職成功率81.1%、入社後定着率91.5%を誇っており、初めての就職でも安心。

公式サイトに「20代に強い転職サポート」と書いてある通り、主なターゲットは20代となる。しかし、30代限定の就職対策講座「30代カレッジ」を開くなど、39歳までの就職支援を行っている。ビジネスマナーや面接の練習などのサポートもあるため、転職に不安がある30代はぜひ登録しておこう。

JAIC(ジェイック)がおすすめな30代はこんな人
❶社会人未経験者・フリーター・ニート・職歴が浅い30代の方❷ビジネスマナーや社会人の基礎を学びたい30代の方
JAIC(ジェイック)
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめの年代20代がメインターゲット(支援対象は39歳まで)
対応エリア日本全国に対応
得意な業界全業界対応

JAIC(ジェイック)公式サイト

11. 30代の転職に転職エージェント利用が欠かせない3つの理由

ここまで、30代におすすめの転職エージェントサービスを特徴ごとに紹介してきた。あなたに合う転職エージェントを見つけることができたのではないだろうか。

ここからは改めて、なぜ30代の転職に転職エージェントの利用が欠かせないのか、その理由を解説していく。重要なポイントなのでしっかり理解しておこう。

11-1. 転職エージェントに登録すると転職先の選択肢が広がる

転職エージェントは、そのエージェントにしか無い「非公開求人」をそれぞれ保有している。

例えば業界最大手の転職エージェント「リクルートエージェント」の場合、20万件を超える非公開求人を抱えている。そして、こうした非公開求人は、転職サイトだけ利用している転職者がいくら検索しても出てこないのだ。

出典:リクルートエージェント

特に大手企業や優良企業ほど、企業名をオープンにしないで非公開求人として、一部の転職エージェント経由のみで求人を募集する傾向がある。そのため、待遇の良い優良な求人ほど転職エージェント経由でしか応募できないのが実情なのだ。

キャリアコンサルタント○○さん転職サイトや求人誌に掲載されない「非公開求人」には、誰もが聞いたことがある大手企業や人気企業の求人が多く、待遇や条件が良い質が高いお宝求人が圧倒的に多いんですよ。良い会社に転職したいなら非公開求人が狙い目です。

転職エージェントを利用しなければ、そうしたお宝求人に辿り着く機会を得ることはできない。つまり、優良求人に出会うためには、転職エージェント登録は必ずするべきものだと断言できる。

また、転職エージェントに登録することで専属の担当者が二人三脚であなたの転職活動を支援してくれる。一人では気づけなかった「あなたの強み」を発掘し、考えてもみなかった適職を見つけてくれる可能性もある

このように、転職エージェントに登録することは転職先の選択肢を広げることに繋がる。そして、転職サイトだけ使うよりも転職成功率をアップさせることが可能だ。

11-2. 転職活動を効率的に進めることができる

30代ともなれば、企業内でさまざまな仕事を任されるようになり、毎日忙しく過ごしている方が多いことだろう。「転職活動をしたいけれど、なかなか時間を捻出できない」とお悩みの方も多いのではないだろうか。

転職エージェントに登録すれば、そうした悩みを解決し、効率的に転職活動を進めることができる。具体的に言うと、転職エージェントは以下のような事柄をあなたに代わってやってくれるのだ。

転職エージェントがあなたの代わりにしてくれること
❶非公開求人を含めた求人情報の中から、あなたに合う求人を探し出して紹介してくれる❷履歴書・職務経歴書の作成や添削をしてくれる❸企業とのやりとりや面接のスケジュール調整をしてくれる❹面接の練習をして、面接のアドバイスをしてくれる❺キャリアの棚卸しをする中で、あなたの強みを発見してくれる❻長期的なキャリア形成について相談に乗ってくれる❼好条件で入社するための交渉をしてくれる❽円満退職に向けた相談に乗ってくれる

一方、転職サイトにだけ登録して転職活動をする場合には、自分で膨大な求人情報の中から希望の案件を見つけ出し、履歴書や職務経歴書や志望動機などを作成し、応募して、面接の日程を調整しなければならない。しかし、転職エージェントを使えばそうした作業を全て任せることが可能だ。

転職エージェントを利用した30代転職者のコメント
東京都/38歳/男性/600~699万円:時短になったコメントをここに入れる

なかなか転職活動に時間を割けない忙しい30代の方こそ、転職エージェントを使うメリットがあるといえる。

11-3. 年収がアップする可能性が高い

転職エージェント経由で転職することで、年収がアップする可能性が高くなるのも大きなメリットだ。

賃金がアップした割合
一般的な転職者30代前半:41.1%30代後半:37.4%(厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」より)
転職エージェント経由60〜71%(レバテックキャリア、パソナキャリア、type転職エージェントの公式サイトより)

結果を比べれば歴然としているが、転職エージェント経由の方が年収アップした人の割合が高くなっているのが分かる。

理由としては、転職エージェント経由だと「転職エージェントが企業に年収アップの交渉をしてくれるから」だ。企業に直接応募した場合は、なかなか年収や待遇などの条件について自分から言い出しにくいところがある。しかし転職エージェントが間に入って交渉してくれるため、年収アップできる割合が高くなるのだ。

あなたが転職して年収をアップさせたいなら、転職エージェントを使うべきなのである。

さらに詳しくは、「16-1. 30代は転職エージェント経由で転職すれば給料が必ず上がるの?」で解説。

転職エージェントを利用した30代転職者のコメント
東京都/38歳/男性/600~699万円:年収が○○円から○○円に大幅アップ!などのコメントを拾って掲載してください。

12. 30代の転職成功率をアップさせる3つのポイント

30代の転職は、40代以降の転職に比べると転職成功率が高くなる。とはいえ、やはりポテンシャル採用が可能な20代に比べると、スキルや経験が求められる分、転職難易度は高くなるのが実情だ。

それではどうしたら転職成功率を上げられるのか。3つのポイントを解説する。

12-1. 条件を絞りすぎずに広い選択肢を受け入れる

転職において譲れない軸を持っておくことは大切だが、条件を絞りすぎてしまうと転職成功率を下げる結果になりかねないので注意しよう。

例えば、販売企画経験のある30代の方なら、販売企画職以外にも、経験を生かして別の職種にも応募できるケースは多い。応募職種を広げる方が、もちろん応募できる選択肢は格段に増える。こだわって固執するとチャンスは狭まってしまう

特に、多くの転職サポートをしてきた転職エージェントの助言には素直に耳を傾けるようにしよう。自分では考えていなかった転職先の候補が見つかるケースも多い。

転職エージェントを利用した30代転職者のコメント
東京都/38歳/男性/600~699万円:転職エージェントで想定していなかった業種や職種に転職した人のコメントを入れる

12-2. 30代は「即戦力」が求められていることを理解する

20代のうちはまだ若いため、転職した後にしっかり研修しなおしてくれる企業も多い。しかし、30代の転職では即戦力を求める企業が大半だ。研修の時間をしっかり取れないため、「入社後すぐに活躍できる人材」を求める企業が多いのだ。

そのことを意識できるかどうかで転職内定率にも違いが出てくる。

未経験の職種に応募する場合であっても、「今までの経験をどう活かせるのか」をアピールできるかどうかで合否結果が変わってくる。面接でも、入社後すぐに活躍できることを具体的に表現するよう心がけよう。

12-3. どの会社でも通用するポータブルスキルを磨く

30代の転職では「ポテンシャル採用(求職者の伸びしろを評価する採用)」は難しくなり、今まで培ったスキルや経験が評価される。そのため、どの会社でも通用する「ポータブルスキル」を磨いておくことが大切となる。

ポータブルスキルとは業種や職種が変わっても通用する「持ち運び可能な能力」
引用:厚生労働省「”ポータブルスキル” 活用研修」

ポータブルスキルとは、持ち運びできるスキルのこと。持ち運びできるから、どの会社に転職しても力を発揮できる。厚生労働省もこのポータブルスキルの重要性を説いています。

逆に、特定の会社内でしか発揮できないスキルをいくら磨いても、他社では市場価値がゼロという評価になりかねない。

自分の持つポータブルスキルが何なのか棚卸ししたい場合は、転職エージェントの担当者とともに今までの職歴を整理してみると良い。

13. 30代の転職を成功させる転職エージェントの活用術5つ

20代に比べると、30代の転職では求められるものが多くなる。特に30代後半は、転職サイトから応募しても書類が通りにくくなることも。だからこそ、転職エージェントに転職支援してもらい、あなたの魅力を最大限企業にアピールしてもらう必要がある。

ここからは、30代のあなたが転職エージェントを使う上で、最大限活用するための5つの方法を解説していく。

13-1. 必ず複数の転職エージェントに登録しよう

「できるだけ転職エージェントはひとつに絞りたい」と考えている30代転職者も多いかもしれない。しかし、それでも最初は必ず複数の転職エージェントに登録するようにしよう。

必ず複数の転職エージェントに登録すべき3つの理由
❶転職エージェントそれぞれで抱えている非公開求人は違うから❷転職エージェントごとに得意とする分野が違うから❸キャリアアドバイザーの質が違うから

具体的には、2社〜5社の転職エージェントに登録することをおすすめする。

実際に転職成功者の75%が、2社〜5社の転職エージェントに登録した上で転職を成功させている。

参考:リクルートエージェント「転職エージェントは何社利用するのが良い?」

◆転職エージェントによって抱えている非公開求人が異なる

転職エージェントによって抱えている非公開求人の内容は異なる。そして、登録してみない限り、その求人の詳細は分からない。

例えば、あなたがどうしても「A自動車株式会社」に行きたいとする。しかしA自動車株式会社は、「Bエージェント」のみで非公開で求人を募集していたらどうだろうか。もしあなたが「Cエージェント」にしか登録していなかったら、あなたはA自動車株式会社に応募すらできないのだ。

そのため、できるだけ多くの転職エージェントに登録した方が、あなたにとって理想的な企業の求人情報に出会える可能性が高くなるのだ。

◆転職エージェントによって得意分野が異なる

転職エージェントによって得意とする分野が異なる。例えば「高収入層に特化した転職エージェント」もあれば、「未経験でもチャレンジできる転職エージェント」もある。そのため、複数の転職エージェントに登録した方が、転職成功率は高まる

スキルや経験が十分ある30代転職者には「ビズリーチ」や「リクルートダイレクトスカウト」など年収アップが見込める転職エージェントが向いている。しかし、そうしたサイトに職を変えて未経験分野に飛び込みたい30代転職者が登録しても、エージェントから紹介できる案件は少なくなる。

未経験業界に挑戦したいなら、「エンエージェント」「Spring転職エージェント」など、経験が少なくてもポテンシャルを評価してくれる転職エージェントに登録すべきなのだ。

◆転職エージェントによってキャリアアドバイザーの質が違う

転職エージェントが違えば、キャリアアドバイザーの質や対応も異なる。

例えば「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーは、徹底的なヒアリングで転職者の潜在的なスキルや市場価値を分析してくれると評判が高い。一方「マイナビエージェント」は、スキルや経験が浅くても書類選考や面接対策のサポートが手厚いと30代前半から高い評価を受けている。

このように、どのようなサポートを受けられるかは転職エージェントによって少しずつ特徴が異なる。そのため最初は複数のエージェントに登録し、やりとりを進めて行く中で、あなたに合うスタイルのエージェントに絞って転職活動を進めるのが最適なのだ。

転職エージェントによって、紹介できる企業も違えば、質の高さも担当者の特徴も異なる。登録してみないと、その転職エージェントが自分に合うエージェントかどうか分からないのが実情だ。だからまずは多めに登録してみて、肌に合うエージェントをメインに進めていけば最短で転職活動を終わらせられる。

最初から「ここが合うだろう」と決めつけて転職エージェントを絞りすぎてしまうのは失敗の原因になりかねないのでやめておこう。

13-2. 転職時期は必ず「最短」で答えよう

転職エージェントに登録する際、どのエージェントでも「転職希望時期はいつですか?」という質問項目がある。この転職時期については、できるだけ最短の選択肢を選ぶことをおすすめする。

出典:リクルートエージェント

なぜならば、「すぐ転職したい人」と「1年以降に転職したい人」がいた場合、転職エージェントは「すぐ転職したい人」を優先して仕事を紹介するからだ。

転職エージェントは、転職したい人を企業に紹介し、実際に転職が決まった場合のみ企業から紹介料をもらって利益を得ている。転職するかどうか分からない人に時間を割いても利益は上がらないため、できるだけ「転職に本気な人」が優先される。

そのため、転職時期はできるだけ最短で伝えておく方が、優良な求人情報が回って来やすい

法律上は、14日前に退職を申し出ればどんな企業でも退職できることになっている。あれこれ考えるよりも「すぐにでも」を選択して、転職エージェントにも本気になってもらおう。

参考:日本労働組合総連合会

13-3. 転職エージェントの担当者と強固な信頼関係を築こう

先ほども触れたとおり、転職エージェントは「転職の実現度合いが高い転職者」をより優先してサポートを行う。多くの転職希望者を抱えているキャリアアドバイザーにとって、時間は限られているため、仕方がない事実だ。

そのため、転職エージェントと信頼関係を築き、「このユーザーの転職を必ず成功させたい」と思ってもらえるかどうかが転職成功のカギとなる。

転職エージェントの担当者と強い信頼関係を築くポイント①応募する・しないに関わらず、必ず2週間に1度は担当者に連絡を入れる②担当者からの提案には真摯に耳を傾ける③担当者が合わないと感じたら、担当者を変更してもらう
キャリアコンサルタント佐藤さんキャリアコンサルタントから見た「応援したくなる応募者」の特徴をコメントで入れる

13-4. 転職エージェントとキャリアの棚卸しをしよう

20代と比べると、ある程度の経験やスキルが求められるのが30代の転職。企業に「この人材は即戦力になりそうだな!」と思ってもらうことが必須となる。

そのため、今までの職歴を棚卸しして、「何ができるのか」「転職したらどのように企業の役に立てるのか」を分かりやすくまとめてアピールできるようにしよう。

こうしたキャリアの棚卸しは、転職エージェントのキャリアアドバイザーの得意分野だ。あなた一人で「どうまとめよう」と悩む必要は一切ない。むしろ第三者目線でアドバイスをもらうことにより、見えないスキルや経験を可視化できるメリットがある。

多くの転職エージェントでは、エージェント登録後の初回面談時の内容を基に、キャリアシートをまとめてもらえるため心配は不要だ。

ちなみに、今回紹介した転職エージェントの中で、キャリアの棚卸しについての評判が良かったエージェントは、「リクナビエージェント」だ。

利用者の評判
〇〇〇(一緒にキャリアの棚卸しの相談に乗ってくれた評判を掲載する)

「自分だけでは上手くまとめられるか不安…」という方はぜひアドバイザーに相談してみよう。

リクナビエージェント公式サイト

13-5. 転職エージェントのサービスは最大限活用しよう

転職エージェントごとにサービス内容は異なるものの、多くの転職エージェントでは便利なサービスがたくさん用意されている。現職が忙しいなど時間が無い転職者はぜひ最大限にサービスを活用しよう。

転職エージェントに登録すると活用できるサービス
❶非公開求人を含めた求人情報の中から、あなたに合う求人を探し出して紹介してくれる❷履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる❸面接の練習をして、面接のアドバイスをしてくれる❹キャリアの棚卸しをする中で、あなたの強みを発見してくれる❺長期的なキャリア形成について相談に乗ってくれる❻好条件で入社するための交渉をしてくれる❼円満退職に向けた相談に乗ってくれる

全て無料で活用できるサービスなので、活用しない手はない。プロの視点から客観的なアドバイスをもらえるため、転職の結果にプラスになる可能性が高い。時短になるのでぜひ活用しよう。

14. 転職エージェントを使った転職活動の流れ

ここからは、30代転職者が転職エージェントを使って転職活動する場合の一通りの流れについて解説していく。流れを把握して、迷いなく転職を進められるよう準備しておこう。

14-1. まずは転職エージェントに登録

まずは、何はともあれ転職エージェントに登録しよう。

「転職エージェントに登録する前に自己分析をしておこう」と書いている転職情報サイトもあるが、登録前に必ずしておく必要はない。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは何人もの転職者とやり取りした経験を持っているため、面談・カウンセリングでスムーズにあなたのキャリアについて聞き出してくれるはずだ。

どの転職エージェントに登録するか迷ったら、まずは以下の2つの【大手・総合型】転職エージェントに登録しておこう。

リクルートエージェントDODA
分類大手・総合型大手・総合型
特徴公開/非公開求人数が業界最多自分で検索できる転職サイト機能もあり
こんな人におすすめ全ての30代におすすめ全ての30代におすすめ
おすすめの年代20代〜30代20代〜30代
公開求人数17万2,187件2022年3月8日時点12万6,840件2022年3月7日時点
非公開求人数22万8,736件2022年3月8日時点3万7604件2022年3月7日時点
得意な業界全業界全業界
対応エリア日本全国日本全国
30代向けのメリット30代向けの非公開求人が多い自分でも求人情報を検索・応募できる
30代向けのデメリットサポート期間は3カ月に限定されている非公開求人数は少なめ
リンク公式サイト➔公式サイト➔

転職エージェントの会員登録が完了すると、メールや電話で担当者から連絡が来る。そこで面談・カウンセリングの日程を決定しよう。

14-2. 転職エージェント担当者との面談

転職エージェントに登録した後には、担当者(キャリアアドバイザー)との面談が必須となる。ちなみに最近ではコロナの影響もあり、対面ではなく、パソコンやスマートフォンを通じたオンラインミーティングが基本となっている。

面談では、あなたの今までの経歴や紹介してほしい求人情報の希望などを確認して擦り合わせていく。事前のヒアリングも踏まえて、面談時に求人案件を持ってきてもらえることも。

キャリアアドバイザーはこの面談を通して「求職者を転職させられるか」を見極めるので、しっかりやる気を見せてキャリアアドバイザーを味方に付けるようにしましょう。

キャリアコンサルタント○○さん面談についての注意やアドバイスなどがあればここにコメント入れる

14-3. 転職エージェントから求人紹介を受ける

面談時にも求人紹介はありますが、面談終了後にも条件とマッチした求人が見つかり次第、電話やメールで紹介してもらえる。

転職エージェントによっては何度も連絡してくるしつこい担当者がいるかもしれない。それが嫌なら「メールでお願いします」とハッキリ伝えておくと良いだろう。

求人紹介を受けた中で応募したい案件があれば担当者に伝えて選考を進めよう。面接日などの調整、応募書類の作成も基本的には全てエージェントがやってくれるため、お任せで問題ない。

14-4. 転職希望先との面接

求人紹介を受けた転職希望先との面接が決まったら、いよいよ面接だ。

転職エージェントによっては事前に面接対策を手伝ってくれたり、模擬面接をしてくれたりすることも。不安な方はぜひ相談してみよう。

アドバイザーと信頼関係が築けているなら、過去の選考情報を聞いてみるのも手だ。面接官の人柄や、どんな受け答えが好まれるのかなど教えてもらえることもあるだろう。

14-5. 内定・退職準備

面接の合否についての連絡は、転職エージェント経由で届く。不採用の結果となった場合も、アドバイザーが企業からのフィードバック内容を教えてくれるので、内容を真摯に受け止めて次の面接に活用しよう。

無事内定が出た場合は、入社日の日程調整や給料交渉などもキャリアアドバイザーがサポートしてくれる。内定が出た後は入社日に合わせてスムーズに退職準備を進めよう。

15. 転職エージェントを利用する上での3つの注意点

転職エージェントを使えば、転職活動をスムーズに進められたり非公開求人に応募できたり多くのメリットがある。しかし、いくつか注意しなければならないポイントもあるのは事実だ。

しっかり事前に把握しておき、後悔しない転職ができるように心がけよう。

15-1. 相性が合わないキャリアアドバイザーもいる

転職エージェントに登録すると、専属のキャリアアドバイザーが担当者として付き、あなたの転職のサポートを行ってくれる。しかし、キャリアアドバイザーも一人の人間だ。あなたと相性が合うこともあれば、残念ながら相性が合わないこともある。

もしキャリアアドバイザーと相性が合わないと感じたら、素直にアドバイザーの変更をお願いしてみるのがおすすめだ。気まずいと感じるかもしれないが、転職エージェント側も相性が合う合わないがあるのは当然と考えているので気にすることはない。遠慮なく申し出てみよう。

その際に、相性が合わないと感じている理由を添えて伝えれば自分に合うキャリアアドバイザーに変更してくれる可能性が高まるのでおすすめだ。

転職エージェント自体の提供サービスに自体に不満がある場合は、別の転職エージェントに登録し直すことも考えよう。また、そうならないためにも、最初から3社以上の転職エージェントに登録しておくことをおすすめしている。

15-2. ミスマッチな求人を紹介されることもある

転職エージェントから希望している条件以外の求人を紹介されることもある。特に、なかなか採用が進まない場合、「応募だけでもしてみませんか?」と提案されることがあるだろう。

最終的にそうしたミスマッチ案件に応募するかどうかはあなた次第だ。しかし、エージェントに言われるまま流されることは避けよう。転職後に「やっぱりやりたい仕事ではなかった」と後悔する羽目になりかねないからだ。

ただし、キャリアアドバイザーは長年の経験や勘を持っているため、新しい視点をくれることも多い。あなたが気付いてなかった適職を発掘してくれる可能性もある。最終的には「あなたが譲れない条件は何か」と突き合わせてみて、自分で意思を持って判断しよう。

15-3. 丸投げではなく自分でも企業情報を下調べること

転職エージェントに任せておけば、応募する企業情報や仕事内容はもちろん、会社の評判なども教えてくれるため、あなたはそれを確認するだけで問題ない。場合によっては応募書類の内容まで転職エージェントが用意してくれるため、採用にあたって何もしなくても良い場合も多い。

しかし、転職エージェントに全てを丸投げにせず、自分でもしっかり企業情報を調べておくことを強くおすすめする。理由としては、転職エージェントが調べた情報が間違っている可能性があるから、そして転職エージェントは良い情報しか教えてくれない可能性があるから(内定を成立させたいため)だ。

具体的には、以下のような内容をしっかり調べておこう。

自分で調べておくべき企業情報
❶企業情報や事業内容、ビジネスモデルを調べておく❷企業クチコミサイトで社員からの評判を確認しておく

しっかりと下調べしておけば企業面接でも有利に働く。さらに、実際にその企業で働いている(働いていた)従業員のクチコミを調べておくことで、ブラック企業ではないかなどを判断できる。

企業のクチコミを確認したい場合は、以下サイトに企業名を入れて検索してみよう。

Openwork

転職会議

Lighthouse(カイシャの評判)

なお、企業のクチコミは退職者が書いていることが多いため、ネガティブな意見が多くなりがちだ。鵜呑みにしすぎないことも大切だが、職場の雰囲気などが分かるため参考程度に目を通しておこう。

15-4. 複数の転職エージェントから同じ求人に応募しないこと

転職エージェントごとに抱えている求人情報は異なるが、複数のエージェントが同じ求人情報を抱えているケースもある。その場合、マナーとして「同じ求人に複数のエージェントから応募しない」ことを覚えておこう。

どうしても転職したい企業があった場合、一見すると「複数のエージェントから応募した方が有利なのでは?」と思われがちだ。しかし実際には複数応募はマナー違反なので気を付けよう

重複応募がNGな理由は?
答え:転職エージェントと企業の間でトラブルの元になるから。転職エージェントは、採用が決まった時に企業から紹介料を受け取る仕組みになっている。そのため、A社からとB社からの重複応募で採用が決まった場合、企業はA社とB社どちらに紹介料を払えば良いのかが分からなくなってしまう。こうしたトラブルを起こした応募者にも「自己管理ができない人」というレッテルを貼られる可能性があるため、絶対にやめよう。

万が一複数の転職エージェントから同じ求人の紹介があったら、より信頼できる転職エージェントに絞り、他方の転職エージェントには断りを入れましょう。

16. 30代の転職についての良くある質問Q&A

最後に、転職エージェントを利用する30代転職者からよく寄せられる疑問とその回答をまとめて紹介する。30代の転職成功に繋がるヒントもあるため、ぜひ最後まで目を通すことがおすすめだ。

16-1. 30代は転職エージェント経由で転職すれば給料が必ず上がるの?

答え:転職サイト経由と比べると、給料が上がる割合が多い

転職エージェントによっても給料アップ率は異なるため一概にはいえないが、給料アップ率を公表している転職エージェントの場合、多くは6~7割の転職者が年収をアップさせた実績を謳っている。

転職エージェント名年収アップ率
type転職エージェント約71%の転職者が年収アップ
パソナキャリア67.1%が年収アップ
レバテックキャリア60%以上が年収アップ

例えば、30代の転職に強いパソナキャリアの場合、転職者の年収アップ率は67.1%となっている。

出典:パソナキャリア

一方、転職者全体での年収アップ率はどうなっているだろうか。厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、賃金がアップした割合は30代前半で41.1%、30代後半で37.4%となっている。

出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況」

比べてみると、転職エージェント経由の方が給料アップの割合が高くなっていることが分かるだろう。

転職エージェントで給料が上がる理由
❶転職エージェントが給料アップの交渉をしてくれるから❷優秀な人材確保のために転職エージェントに登録している企業が多いから

ただし、未経験分野へのキャリアチェンジなどの場合は、残念ながら給料アップが見込めないことも多い。あなたが転職する上で給料アップが譲れない条件なのか考えておくことも大切だ。

16-2. 30代前半と30代後半では転職成功率に差があるの?

答え:30代前半の方が30代後半よりも転職しやすい。30代前半はまだ「ポテンシャル採用」に間に合うため。

単純に30代前半と30代後半を比べると、やはり30代前半の方が「転職しやすい」と言わざるを得ない。

その理由としては、30代前半の方がポテンシャル(転職者の伸びしろ)を見込んで採用してもらえるケースがあるからだ。

一方、30代後半になってくると熱意やビジョンなどをいくらアピールしても限界があり、経験やスキル、資格が無いと転職が難しくなってくる。つまり、30代後半からは未経験での転職が難しいということだ。ただし逆に言えば、転職先で生かせる経験やスキル、資格、ポータブルスキルなどを持ち合わせていさえいれば、30代後半でも転職成功率が下がるということは全く無い

もしあなたが30代後半なら、できる限り今までの仕事の経験を生かせる転職先に応募しよう。未経験分野に挑戦する場合は、「ポータブルスキル」やマネジメント経験など、どの職場でも発揮できる「即戦力」としての側面を積極的にアピールすると良い。

ポータブルスキルとは?
業種や職種が変わっても通用する「持ち運び可能な能力」
引用:厚生労働省「”ポータブルスキル” 活用研修」

30代前半と30代後半で求められる資質に違いがあることを必ず念頭に置き、応募書類や面接での受け答えに反映させよう。

16-3. 30代が転職する理由には何が多いの?

答え:会社の将来が不安、人間関係の悪さ、給料が少ない、労働条件が悪かったなどが上位である

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、30代が転職する理由ランキングは以下の結果となっている。

30代の転職者が前職を辞めた理由で多いもの(男性)
❶その他の理由(出向等を含む)❷会社の将来が不安だった❸職場の人間関係が好ましくなかった❹給料等収入が少なかった❺労働時間、休日等の労働条件が悪かった

30代女性の場合も上位はおおむね変わらないものの、男性と比べると「結婚」「出産・育児」「定年・契約期間の満了」という理由で転職を決めた人の割合も多くなっている

出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況

このように、同じ30代といえども、転職を決めるきっかけとなる原因は人それぞれであることが分かる。もしあなたが「こんな理由で転職したいと考えて良いのかな?」と思っているのだとしたら、それは杞憂である。

自分の将来が今より明るくなる可能性があるのなら、ぜひ転職活動をスタートしてみてはいかがだろうか。

16-4. 30代は転職回数は何回まで許されるの?

答え:30代の半数は転職経験あり!転職回数3回以内なら全く気にしなくて大丈夫

大手転職サイト「リクナビNEXT」の調査によると、30代で「転職経験なし」の会員は47%に留まり、53%の会員が1回以上の転職経験ありという結果になっている。ちなみに、内訳としては、転職回数1回が24%、2回が16%、3回が8%、4〜5回が5%だ。

一方、同じ調査で企業の人事担当者に「転職回数は何回目から気になりますか?」と聞いた質問の回答は以下だ。

この結果を見ると、転職回数が3回を超えると気になる企業が多いことが分かる。しかし一方で、「気にならない」と回答している企業も15%いることにも注目しよう。

終身雇用制度が崩壊したこと、ブラック企業の存在がメディアで取り上げられるようになったこともあり、転職回数3回以下なら全く問題にならないケースがほとんどだ。特にIT業界ではもはや転職は当たり前という風潮すらある。

そのため、転職回数が3回以下、あるいは多くても5回程度ならそれほど気にしなくても大丈夫だろう。

ただし転職回数が多いなら、「採用してもどうせ辞めてしまうのではないか」と思われないよう、転職理由をしっかり伝えることが大切である。

参考:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

17. 転職エージェントを活用した30代のリアルな転職体験談

・30代男性の実際の転職エージェント経由での転職体験談

・30代の年収にまつわる転職体験談

・30代女性の結婚・子育て後の再就職についての転職体験談

・未経験職種に転職した30代の体験談

・転職エージェントで失敗した30代の体験談など

【クライアント様へ】

キーワードで上位を狙うためには、他社が行っていないオリジナルコンテンツが必要となります。

そのために、例えば、オリジナルで収集した体験談を掲載するのが効果的と考えます。

ここに、貴社で収集したアンケート結果の中から、30代に特化したそれぞれの体験談をまとめて掲載してください。

もし体験談を収集・掲載することが難しければ、この章は削除いただければと思います。

まとめ

この記事では、30代に最適な転職エージェントを厳選し、分類ごとに詳しく紹介してきた。最後に転職エージェント一覧をもう一度載せるので、確認してみてほしい。

リクルートエージェントDODAマイナビエージェントtype転職エージェントJACリクルートメントパソナキャリアビズリーチリクルートダイレクトスカウトエンエージェントSpring転職エージェントパソナキャリアtype女性の転職エージェントハタラクティブJAIC(ジェイック)レバテックキャリアロバートウォルターズ
分類大手・総合型大手・総合型30代前半向け30代前半向け30代後半向け30代後半向けハイキャリアハイキャリアキャリアチェンジキャリアチェンジ女性女性フリーターフリーター特化型特化型
特徴公開/非公開求人数が業界最多自分で検索できる転職サイト機能もあり若手の転職に強い約71%の年収がアップした実績あり管理職や専門職に特化したエージェント年収アップ率67.1%年収600万円以上の求人多数年収800万円〜2000万円の求人多数業界・職種別アドバイザーがいる職種ごとに精通したコンサルタントが在籍年収アップ率67.1%関東エリアの女性特化型転職エージェント社会人未経験者の就職・転職支援に特化社会人未経験者の就職・転職支援に特化エンジニアに特化グローバル企業に特化
こんな人におすすめ全ての30代におすすめ全ての30代におすすめ初めて転職する30代前半の方におすすめ初めて転職する30代前半の方におすすめ30代後半におすすめ給料を増やしたい30代後半におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ高年収ハイクラス30代におすすめ未経験分野に挑戦したい30代におすすめキャリアチェンジしたい30代におすすめ全ての30代女性におすすめ関東在住の30代女性におすすめ学歴・職歴に自信がない30代におすすめ職歴が浅い30代におすすめIT業界・エンジニア・デザイナにおすすめ語学力を活かしたい30代におすすめ
おすすめの年代20代〜40代20代〜40代若手(20代〜30代前半)20代〜40代30代〜50代20代〜40代ハイキャリアを持つ30代以上30代以上20代〜30代20代〜40代20代〜40代20代〜30代メインは20代メインは20代20代〜40代20代〜50代
公開求人数17万2,187件2022年3月8日時点12万6,840件2022年3月7日時点3万4,892件2022年3月8日時点7,581件2022年3月8日時点8,671件2022年3月8日時点3万9,599件2022年3月9日時点7万1,036件2022年3月8日時点10万8,328件2022年4月18日時点1,518件2022年3月9日時点1万5,949件2022年3月9日時点3万9,599件2022年3月9日時点7,588件2022年3月9日時点非公開非公開1万3,685件2022年3月31日時点1,726件2022年3月9日時点
非公開求人数22万8,736件2022年3月8日時点3万7604件2022年3月7日時点3万4,130件2022年3月8日時点1万6,755件2022年3月8日時点非公開非公開非公開非公開1万5,000件2022年3月9日時点3万4,970件2022年3月9日時点非公開1万6,821件2022年3月9日時点非公開非公開非公開非公開
得意な業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界全業界IT業界に特化全業界
対応エリア日本全国日本全国日本全国関東(一都三県)日本全国日本全国+海外日本全国+海外日本全国日本全国日本全国+海外日本全国+海外関東(1都3県)日本全国日本全国日本全国関東+関西がメイン
30代向けのメリット30代向けの非公開求人が多い自分でも求人情報を検索・応募できる一人ひとりに寄り添う転職サポートが充実年収が上がりやすいミドル層の転職に特化年収アップする可能性が高い年収1,000万円以上の求人が1/3を占める高年収含めて求人数がとにかく多い転職者に寄り添った転職支援を受けられる各職種に精通したプロがサポート30代女性向けの求人情報が多い女性ならではの求人情報が集まっている学歴に自信がなくてもOK未経験者の就職成功率が高いエンジニアの求人が多数外資系・日系グローバル企業案件が多数
30代向けのデメリットサポート期間は3カ月に限定されている非公開求人数は少なめ30代後半には向かない関東以外の求人は少ない経験が浅い30代には向かない大手ほど求人数が多くない審査がある/一部有料サービスあり特になし公開求人数は少なめ担当者が案件ごとに変わる可能性あり大手ほど求人数が多くない関東エリアに限定されている30代後半では厳しいかも…30代後半では厳しいかも…特化型なので求人数は多くないエリアが限られている
リンク公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔公式サイト➔

30代は、20代と比べて経験やスキルの差が出てくる年齢なので、転職活動の難易度にも差が出てきてしまう。そのため、できれば転職エージェントを複数併用し、選択肢を増やして意欲的に転職活動を進める必要がある

転職活動は早めのスタートが肝心だ。本当に転職したいと考えているなら、今すぐ、今回紹介した中から2社〜5社の転職エージェントに登録してみよう。あなたには、ぜひ納得のいく転職活動を全うしてほしい。


参考記事URL

全体を通して、上位10サイト全てを参照しました。

14章

https://r25.jp/article/847002509309486005

エンエージェントについて

https://tenshoku-web.jp/enagent/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。