ユニークキャリア株式会社

GMOコネクトの評判は?交流会に参加した筆者が解説!【体験談有】

様々な業種の人と出会いたいけど、なかなか出会う機会がないなあ……

経営者同士で直接交流する機会を、もっと増やしたい

会社の往復のみの日常で、ビジネスに活かせる人脈を作れないと悩むあなたは、あなたのサービスを必要としている経営者と繋がりたいはず。

GMOコネクトは、「効率的に営業先を増やして売上を増やしたい」「経営者同士での繋がりをさらに増やしたい」という方に、おすすめのビジネスマッチングサイトだ。

GMOコネクトでは、自分のビジネスに興味のある企業と効率的に出会ったり、紹介してもらったりすることが可能。

この記事を最後まで読むと、GMOコネクトのメリットデメリットや、筆者が交流会に出席した体験談、料金体系まで丸わかり!

人脈づくりの方法としてGMOコネクトを採り入れたほうが良いのかを判断できるだろう。

行でわかる! まとめ

  1. GMOコネクトにはSNS機能・コネクトミーティング・CXOクラブの3つのサービスがある
  2. SNS機能は無料で使用可能。コミュニティに参加したい場合は課金を考えると良い
  3. 営業担当・取締役とつながるのにぴったり!

1.  GMOコネクトのサービス紹介

GMOコネクトのサービスは以下の3つに分けられる。

1つずつ順番に解説していこう。

  1. 営業の管理を支援するウェブシステム・スマホアプリ
  2. コネクトミーティング
  3. CXOクラブ

1-1. 営業の管理を支援するウェブシステム・スマホアプリ

営業の管理を支援するウェブシステム・スマホアプリ:GMOコネクト
引用:GMOコネクト

GMOコネクトのウェブシステム・スマホアプリは経営者とのマッチングから商談成立まで1つの媒体で管理できるシステム。

GMOコネクトには企業情報の検索やダウンロードもできるため、気になった会社を調査することも可能。

また気になった会社へ問い合わせをしたい時に、自動送信機能があるため営業の手間を省ける。

チャット機能があるため、問い合わせた企業との連絡もGMOコネクト内で取れる。

アプリ版のGMOコネクトでは、チャット機能が主で、連絡をしたい時には、スマホで手軽に連絡を取ることが可能。

また請求書も発行できるので経理まで楽にできるのも特徴の一つだ。

GMOコネクトには、交流、調査、営業、連絡、経理、と様々に営業の管理をできる機能が多数あり、今までより営業のしやすさが、ぐんと上がるだろう。

1-2. コネクトミーティング

コネクトミーティング:GMOコネクト
引用:GMOコネクト
  1. 交流タイム
  2. 紹介希望プレゼンタイム
  3. マッチングシステム

コネクトミーティングとは、GMOコネクト主催の、ビジネスマッチングを目的とした、オンラインミーティングだ。

コネクトミーティングの中には3つの要素がある。

1. 交流タイムは、ランダムに組まれた2〜3名で、5分間特定のテーマを軸に、交流する時間。

2. 紹介希望プレゼンタイムは、30秒であなたのサービスをアピールできる時間。他の参加者のプレゼンを見て、「今まで知らなかったサービス」や「課題解決の方法」が発見できる機会にもなる

3. マッチングシステムはもっと詳しく話を聞いてみたい参加者に「1on1」リクエストや、「知り合いを紹介できるかも」というメッセージを送信できる機能。逆に、あなたのサービスについてもっと知りたい参加者からのリクエストも受けることが可能。筆者は毎回5名ほどの参加者からリクエストをいただいた。

コネクトミーティングは、上記3つの要素を用いて、ビジネスマッチング先を探すためのオンラインミーティングである。

1-3. CXOクラブ

CXOクラブ:GMOコネクト
引用:GMOコネクト

CXOクラブとは、決定者・決裁者のみが参加でき、決裁者同士での人脈を広げるコミュニティ。

決定者・決裁者は、スタンダードプラン以上に入会することで、CXOクラブに加入できる。

CXOクラブに参加すると、以下のような、定期的に開催される特別なイベントへの、招待を受けられる。

  • 交流会(例、飲み会・パーティー・祝賀会)
  • 勉強会(例、勉強会、講演会、壁打ちミーティング)
  • 趣味会(例、ゴルフ・グルメ・カラオケ・麻雀・ボウリング)
  • 旅行会(例、旅行・アウトドア・キャンプ)

またCXOクラブでは、イベントのリクエストもでき、CXOクラブコンシェルジュが企画・準備・告知を行ってくれる。

イベントリクエストの例

  • 自社の代表や取締役の誕生日会を開催したい
  • お世話になっている取引先の社長を囲む会を開催したい
  • 記念パーティーを開催したい

決裁者・決定者のみが参加でき、経営層同士で人脈を形成する機会が増やせることが、CXOクラブの特徴だ。

2. 体験からわかるデメリット3選

2-1. 【コネクトミーティング】毎回新規の営業先が獲得できるわけではない

コネクトミーティングで、毎回新規の営業先が獲得できる、ということはなかなか難しい。

コネクトミーティングに参加するメンバーがある程度固定になるからだ。

例えば、最初の方は知らない人が多かったけど、何回も出席していたら、ほとんど顔見知りばっかりになってきた,,,ということになるだろう。

編集部

GMOコネクトユーザー

新規の営業先が、毎回獲得できるわけではないため、お互いに知り合いを紹介しあい、能動的に出会いを増やすようにするのが良いだろう。

2-2. 【コネクトミーティング】自分のサービスに興味を持っている人が少ない可能性がある

コネクトミーティングでは、自分のサービスに興味を持っていない人が多い可能性もある。

様々な分野の企業が参加しているため、自社とマッチングしないような企業ばかりの時もあるだろう。

例えば、機械系の製造業者とマッチングしたいのに、IT系の企業しかいない、という場合が考えられる。

コネクトミーティングでは、 自分のサービスに興味を持っている人が、少ない場合もあることを、踏まえて置くと良いだろう。

編集部

GMOコネクトユーザー

ドンピシャで自分のサービスに興味を持ってくれる人と繋がるには、他の参加者に知り合いを紹介してもらう必要があるだろう。たとえドンピシャのニーズを持っていなくても、人脈を広げておくために積極的にコネクトミーティングに参加しよう。

2-3. 【アプリ】アプリに不具合が生じる場合も

GMOコネクトのアプリは、時々不具合が発生したりする。

現在GMOコネクトは開発段階のため、不具合が生じるのではないかと考えられる。

例えば、チャットがたまに使えなくなるなどのバグが見受けられた。

今後開発が進めば改善するかと思われる。

アプリのチャット機能が、使えない場合は、PCを使って連絡を取るようにしましょう。

3. 体験からわかるメリット4選

3-1. 【コネクトミーティング】飛び込み営業より効率的に契約ゲットできる

コネクトミーティングのメリットは、飛び込み営業よりも効率的に契約を獲得できる。

コネクトミーティングは、「自分のビジネスの話を。もっと聞いてみたい」と思う参加者を知れるので、自社の製品に興味を持った相手と商談ができるからだ。

自分のビジネスと相性の良い会社にアプローチできるので、飛び込み営業よりもグッと契約成立の可能性が高まるだろう。

コネクトミーティングは、自分のビジネスと合う人と商談ができるため、飛び込み営業より、効率的に契約がとれる事はメリットと言える。

3-2. 【CXOクラブ】決裁者同士で信頼関係を築きやすい

CXOクラブは決裁者同士限定の交流になるため信頼関係を築きやすい。

また距離感近く交流できるのも大きなポイント。

例えばCXOクラブでは、定期的に勉強会や趣味会といったイベントがあり、直接顔を合わせて交流できるので、オンラインよりも深く親睦を深めることが可能。

CXOクラブでは距離感近く交流でき、信頼関係を築きやすいのがメリットの一つだ。

3-3. 【CXOクラブ】商談がスピーディに進む

CXOクラブでは商談がスピーディーに進むことがメリットだ。

お互いが決裁者なため、その場で商談が成立し、すぐに動き出すことが可能だからだ。

例えば商談を成立させるために、上司の決定を待つ時間がなくなり、すぐに取引を開始できるので、これまでより早く事業成長ができるだろう。

営業の現場では、担当者に提案して社内協議を実施し、その後決裁者と打ち合わせを行って契約、という長い過程がある。

契約までに時間がかかるほか、時間をかけて担当者と協議を重ねたにも関わらず、決裁者との打ち合わせで破談、といったコスパの悪い営業が普通にある。

決裁者同士がマッチングすることにより、いきなり決裁者と打ち合わせられるという所から、商談を始めることが可能だ。

決裁者同士の商談では、本来ありえないぐらい素早く、事業に変化を取り入れられる。

スピード感を持って商談が進められる事はCXOクラブのメリットの一つだ。

3-4. 【アプリ】チャット機能は文書や画像ファイルを送りやすくて便利

GMOコネクトのアプリのチャット機能は文章や画像ファイルがとても送りやすい。

pdfファイルや、xlslファイルなど、ビジネスに必要なファイルに対応している。

例えば、GMOコネクトはJPEGにも対応しているので、スマホでとった写真をPCに転送せず、相手に送ることが可能。

文章や画像ファイルも送りやすく便利である点がGMOコネクトのアプリのメリットだ。

4. 実際にGMOコネクトに参加してみた感想

GMOコネクトの、コネクトミーティング及びCXOクラブのイベントに参加した編集部のメンバーから感想を集めた。

是非参考にしてほしい。

4-1. イマイチだった思った体験談

20代
/
男性

コネクトミーティング

タイトル
アイテム
 (3)

ランチミーティングはやや機械的に回るので、雑談を求めている人には、合わないかもしれない。

逆に言えば、効率的に営業が回せる仕組み、になっている。

20代
/
女性

コネクトミーティング

タイトル
アイテム
 (3)

コネクトミーティングは人脈は作れるものの、分野的にサービスが合う人があまりいなくて、毎週参加しても営業ができるかどうかは、不明だと思った。

4-2. 良かったと思った体験談

20代
/
男性

CXOクラブ

タイトル
アイテム
 (5)

リアルの交流会は、同世代で席を並べてくれるので、比較的打ち解けやすく、満足度が高かった。

20代
/
男性

CXOクラブ

タイトル
アイテム
 (3)

お互いのサービスに興味がなかったとしても、新しいサービスを開始する時に、再度お話をすることができるので、人脈が広がって良いと思った。

5. GMOコネクトの料金体系

GMOコネクトには料金プランが4つある

以下を読めば、どのプランが自分にピッタリ当てはまるかを知ることができるだろう。

5-1. GMOコネクトの料金プランを解説

GMOコネクト料金プラン:無料プランあり
引用:GMOコネクト

GMOコネクトは無料から使えますが、GMOの無料プランはオンライン交流会が初回のみしか参加できず、企業情報のダウンロードやお問い合わせフォーム送信もできない。

無料プランは、まずはGMOコネクトの雰囲気を確かめてから使いたい人に、おすすめのプランだ。

有料プランには、lightプラン、Standardプラン、Premiumプランの3つがある。

Lightプランは、コネクトミーティングには月1回参加でき、月々9.000円と、一万円を切る価格からGMOコネクトを利用可能。

Standardプランはコネクトミーティングに月2回参加でき、2週間に1回の頻度で出席できる。

Standardプランは、コネクトミーティングに毎週行くのはしんどいけど、2週間に1回ならちょうどいいかも、と言った人におすすめのプランと言える。

Premiumプランはコネクトミーティングに4回参加でき、毎週新たな出会いを作れるプランだ。

またPremiumプランは、GMOコネクトを使って売上が0だった場合には、全額返金というサービスもあり、焦らずコネクトミーティングに参加できるだろう。

また他にも自分の要望どおりにできるカスタムプランやオールインプランもある。

カスタムプランの詳細は、希望により異なるので、詳しくはお問い合わせしてください。

オールインプラン
  • 料金:1,000,000円/月
  • BUSINESS 有料プランが企業内全ユーザーに適用(ユーザー数上限無し)
  • 全ユーザーチャット送信上限無し
  • 企業情報ダウンロード上限+20,000件/月
  • お問い合わせフォーム送信上限+20,000件/月
  • 経営者マッチング最大10件/月

5-2. 返金保証について

プレミアムプランの返金保証:GMOコネクト
引用:GMOコネクト

返金保証はPremiumプランにのみついており、GMOコネクトを使って、売上が0だった場合には、料金が全額返金される。

返金には以下の条件を満たす必要がある。

  1. 毎週のコネクトミーティングに必ず参加する
  2. 以下いずれか1つの活動を毎週行う
    • 互いのビジネスに繋がる知り合いを紹介する
    • メンバーのサービスを積極的に利用する
    • コネクトミーティングに知り合いを紹介する

ただ参加や活動が難しい場合には返金保証金額を減額することで、一部の条件を免除にすることも可能だ。

  1. 報告あり ¥10.000円減少
  2. 報告なし ¥20.000円減少

6. まとめ|GMOコネクトは営業担当・経営者におすすめな人脈形成サービス

GMOコネクトは営業担当や経営者層におすすめのビジネスマッチングサイト。

GMOコネクトには営業を支援するアプリとシステムがあり、アプリでは文章や画像ファイルを送りやすいことがメリットだ。コネクトミーティングでは、自分のビジネスと合う人と繋がれるので、飛び込み営業より効率的に契約を取れることがメリットと言える。またCXOクラブでは決裁者同士で直接交流できるため信頼関係を築きやすい。

今よりも営業売上を伸ばしたい人や、経営者同士で交流することで、新たなビジネスのチャンスを掴みたい人は、GMOコネクトを強くおすすめする。

行でわかる! まとめ

  1. GMOコネクトにはSNS機能・コネクトミーティング・CXOクラブの3つのサービスがある
  2. SNS機能は無料で使用可能。コミュニティに参加したい場合は課金を考えると良い
  3. 営業担当・取締役とつながるのにぴったり!

7. GMOコネクト登録の流れ

会社で割り振られている自分のメールアドレスを入力

※ビジネス用メールアドレスをお持ちでない法人、個人事業主、個人の方は、Gmail等のフリーメールアドレスを入力する。

GMOコネクト登録画面
引用:GMOコネクト
法人、個人事業主、個人の自分にあったどれかを登録

フリーメールで登録する場合は、個人事業主か個人で登録。

GMOコネクト:登録画面
引用:GMOコネクト
登録確認メールが届くのを待つ。

※メールアドレスから企業名を特定できないケースは、GMOコネクトのサポート担当から、確認の連絡が来る。

新規登録はこちらから

8. GMOコネクトの会社概要

商号GMOコネクト株式会社(GMO CONNECT Inc.)
設立2013年7月1日
資本金500万円(2021年12月31日現在)
主要株主GMOインターネット株式会社
東京証券取引所市場第一部(証券コード:9449)
事業内容IT・ソフトウェア・ビジネスサポート
代表者代表取締役社長兼CEO 安田 暁史
取締役取締役CFO 高岡 晃士
取締役PMO 河本 悠暉
取締役 西山 裕之(GMOインターネット株式会社取締役副社長)
所在地〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー7F
電話03-6555-4390 (代表番号)

Q&A

無料で使えますか?
GMOコネクトは無料で使えるが、コミュニティに参加するには有料プランを購入する必要がある。
GMOの無料プランはオンライン交流会が初回のみしか参加できない。
また企業情報のダウンロードやお問い合わせフォーム送信もできない。
無料プランでできることは、ウェブシステムの登録やチャット機能なので、GMOコネクトを試してみたいという人に、おすすめだ。
無料で使い倒していきたいという方にはおすすめできないだろう。
GMOコネクトの料金プランを詳しく見る
返金保証はありますか?
返金保証はPremiumプランにのみついており、GMOコネクトを使って、売上が0だった場合に、料金が全額返金される。
返金には以下の条件を満たす必要がある。
ただし、参加や活動が難しい場合には返金保証金額を減額することで、一部条件は免除できる。
  1. 毎週のコネクトミーティングに必ず参加する
  2. 以下いずれか1つの活動を毎週行う
    • 互いのビジネスに繋がる知り合いを紹介する
    • メンバーのサービスを積極的に利用する
    • コネクトミーティングに知り合いを紹介する
交流会はどういったものですか?
コネクトミーティングはオンライン上で、5分間に2.3名で特定のテーマについて話し合ったり、30秒のプレゼンを行う。
また決裁者限定のCXOクラブでは、パーティなどの交流会、勉強会、趣味会や旅行会のような、特別なイベントもある。
GMOコネクトはどんな人におすすめですか?
営業担当・経営層の人におすすめ。
コネクトミーティングには、効率的に営業ができる、というメリットがあり、売上が上がりやすい仕組みになっている。
またCXOクラブでは決裁者限定のサービスなので、経営層同士が効率的に出会える。
営業の売上を増やしたい人や経営層のつながりを増やしたい人にGMOコネクトはおすすめのサービスだ。
GMOコネクトは誰が運営していますか?
代表取締役社長兼CEOの安田 暁史氏だ。
安田 暁史氏は「価値のあるつながりを提供する」というビジョンを掲げ、GMOコネクトを運営している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。