ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社内定「山本純也」のインタビュー

Q.ユニークキャリアでのインターンでの活動が就活にどう活きましたか?

昨年の4月に1人目の人事として入社し、約1年間本当に多岐に渡る業務に携わりました。人事に関心はあったものの知識はなかったので、試行錯誤しながら少しずつ「ユーザーの未来を創れる」組織づくりのために奔走してきました。

画像3
インターン生0人から人事業務をスタートして
少しずつ形になる様子

課題に対して原因を考え、施策を実行して組織を改善した経験は就活の面接においてもエピソードとして活きました。

また、GDやJOB選考においても課題を捉え施策を導くまでの思考プロセスの円滑さは評価されました。

自分より基準が圧倒的に高い人と久々に協働し、率直にワクワクしながら働いていました。

自分の基準をまた少し引き上げられたのかなと思っています。

インターンを検討している人にメッセージはありますか?

まだまだのびしろがあるフェーズなので、組織に対して物怖じせず提言できる人が求められているのではないかと思っています。

集中してコミットすれば得られるリターンも自ずと大きくなる環境ではあるので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

変化の激しい時代の中で、これまでよりなおユーザーや市場に向き合い価値を生める重要性が増していくような気がしています。私自身、そうした力をつけていくように今後も着々と打席に立ち続けます。

内定先:ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社
(人事の経験を経て港区赤坂の「組織・ITコンサル企業」に内定!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。