タクシードライバーにおすすめ転職エージェント5選

タクシー 転職エージェント

タクシードライバーの収入って不安定なのかな
セカンドキャリアにタクシードライバーはどうだろう

運転は嫌いではないから、自分にもタクシードライバーができるかな

タクシードライバーへの転職で収入や仕事内容に不安があるなら、タクシー転職に強いエージェントの利用がおすすめだ。

業界経験者や知識が豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの転職をサポートしてくれる。

また「厚生労働省」の調査によると、タクシードライバーの求人有効倍率3.87倍。

令和4年平均の有効求人倍率は1.28倍なので、タクシードライバーは転職しやすい業界と言える。

一方で、勤務形態や給与体系に特徴があるので、転職前にタクシードライバーの仕事について理解しておくことで、転職後の後悔を減らせるはずだ。

本記事では、タクシードライバーへの転職におすすめのエージェントや転職に失敗しないためのコツ、ドライバーの仕事事情についても紹介していく。

どの転職エージェントを利用するか迷うなら、特化型の「ドライバーズワーク」と総合型の「リクルートエージェント」に登録するのがおすすめだ。

気になる内容をタップ

1.【特化型】タクシードライバーへの転職に強いおすすめ転職エージェント5選

タクシードライバーへの転職に特化したおすすめ転職エージェントは、以下の5つ。

なお、数ある特化型の転職エージェントの中から、以下の基準で選定したエージェントだ。

  • 求人数の多さ
  • サポートの質
  • 情報量

1-1. 特化型で迷うなら「ドライバーズワーク」

特徴・タクシードライバーに特化している
・タクシードライバーに精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる
・キャリアアドバイザーを通すと書類選考が免除される
おすすめの人・特化型のエージェント選びに迷う人
・未経験からタクシードライバーに転職したい人
求人数・公開求人1,400件以上
・非公開求人が多い
運営会社株式会社 ミライユ
公式HPhttps://www.drivers-work.com/
※2023年6月時点

特化型の転職エージェントでどのサービスを使うか迷う人は「ドライバーズワーク」がおすすめだ。

タクシー業界での求人数やサポート実績がトップクラス。

非公開求人や優良求人も多く、業界に精通したキャリアアドバイザーのサポートにより、希望の転職ができる可能性が高まる。

キャリアアドバイザーを通すことで書類選考が免除されたり、直接聞きにくい条件や職場環境なども確認してもらえたりするメリットもある。

また、「タクノート」というタクシーに関連する様々なコラムは、情報収集の場として役に立つ。

未経験からタクシードライバーを考える人はぜひ読んでみるのが良いだろう。

>> (無料)ドライバーズワーク登録する

1-2. 未経験からタクシードライバーを目指すなら「タクQ」

タクシー ドライバー 転職エージェント サイト タクQ
引用:タクQ
特徴・無料転職相談で入社後まで相談ができる
・面接への交通費が支給される・入社祝い金あり
おすすめの人・転職サイトとして利用したい人
・転職までの費用を抑えたい人
・タクシー業界で勤務経験のあるスタッフにサポートしてもらいたい人
求人数463件(2023年6月時点)
運営会社株式会社しごとウェブ
公式HPhttps://www.taxi-qjin.com/
※2023年6月時点

タクQ」は実際にタクシー業界で働いたことのある人からの、リアルな意見を聞きたい人におすすめだ。

自分で応募ができる転職サイトだが、無料転職相談に申し込めば大手タクシー会社出身の運行管理者やドライバー経験者などの、サポートが受けられる。

また、業界最大級の入社祝い金(最大40万円)や面接交通費の支給、電話面接など費用面での嬉しい特典もある。

入社後のフォローでは、悩み相談ができたり、元ドライバースタッフが稼げるようになるノウハウを教えてくれたりするので安心だ。

>> タクQに登録する

1-3. 東京で働くなら「タクサポ」

タクシー ドライバー 転職エージェント サイト タクサポ
引用:タクサポ
特徴・東京のタクシードライバー転職専門
・キャリアアドバイザー全員がタクシードライバー経験者
おすすめの人東京でタクシードライバーの仕事を探している人
求人数非公開
運営会社株式会社カチパレット
公式HPhttps://takusapo.taxi-driver.tokyo.jp/
※2023年6月時点

タクサポ」は東京でタクシードライバーに転職したい人におすすめだ。

東京には400社ほどのタクシー会社があり、タクサポは豊富な求人の中からあなたに合う求人を探してくれる。

キャリアアドバイザーが全員タクシードライバー経験者なため、リアルな情報を得られるほか、経験をもとにしたアドバイスもしてくれるはずだ。

入社後のサポートもあり「タクサポプログラム」という、稼げるドライバーになるためのコツまで学べる。

またタクサポ利用者の半年以内離職率は2%以下。

離職率が低いのは、求人とのマッチングの良さや入社後のサポートの良さが考えられるだろう。

>> タクサポに登録する

1-4. 企業からスカウトを受けたいなら「転職道.COM」

タクシー ドライバー 転職エージェント サイト 転職道.COM
引用:転職道.COM
特徴・関東や名古屋の求人が多い
・タクシー業界に特化している
おすすめの人・転職サイトとして利用したい人
・関東や名古屋でタクシードライバーの仕事を探している人
求人数630件(2023年6月時点)
運営会社株式会社日本総合ビジネス
公式HPhttps://www.tenshokudou.com/
※2023年6月時点

転職道.COM」は関東や名古屋で働きたい人におすすめだ。

転職道.COMは企業からのアプローチを受けられたり、希望に合う求人が更新されるとお知らせが来たりする転職サイト。

会員登録をすると、履歴書の登録や転職相談、企業からのスカウトの受け取りが可能になる。

24時間メールでの相談や、タクシー知恵袋で質問するとタクシー会社の採用担当者が解答してくれるシステムも魅力的だ。

会員登録なしでも求人に応募ができる手軽さもあるが、会員登録した方が転職活動は進めやすいだろう。

>> 転職道,COMに登録する

1-5. 効率よく転職したいなら「ドラEVER」

タクシー ドライバー 転職エージェント サイト ドラEVER
引用:ドラEVER
特徴・企業からスカウトメールが届く
・LINEで求人に応募できる
・ワンクリックで複数求人に応募ができる
おすすめの人・複数の求人に応募して考えたい人
・多くの人が使っているサービスを使いたい人
・少ない手間で転職したい人
求人数23,934件(2023年6月時点)
運営会社株式会社ドラEVER 
公式HPhttps://t.afi-b.com/visit.php?a=C14432K-v473516e&p=Z894776x
※2023年6月時点

ドラEVER」は手間をかけずに転職したい人におすすめだ。

トラックやバスも含めたドライバー特化型の「ドラEVER」は、タクシードライバーの求人も豊富に取り扱っている。

求人応募への手間が少なく、以下の応募方法が可能。

  • LINEで応募
  • 個人情報を入力せず応募
  • ワンクリックで複数の求人に応募

4,000社以上の企業から直接スカウトが届くサービスもある。

スカウトされた企業では企業担当者とチャットでやりとりできるほか、書類選考なく面接に進めるというメリットも。

スピーディーで効率良く転職したい人におすすめだ。

>> ドラEVERに登録する

2.【総合型】転職するならまず登録しておきたい大手の転職エージェント3選

大手の総合型転職エージェントで、タクシードライバーの求人を取り扱っている、おすすめの転職エージェントを3社紹介。

先ほど紹介した特化型の転職エージェントと併用して、転職活動を進めることをおすすめする。

2-1. どの転職エージェントにするか迷うなら「リクルートエージェント」

特徴・利用者の満足度が高い
・国内最大の転職エージェント
・求人数も国内最多で幅が広い
おすすめの人・初の転職活動を成功させたい人
・多くの求人をみたい人
ドライバーの求人数10,202件(非公開求人含む)
運営会社株式会社リクルート
公式HPhttps://www.r-agent.com/
2023年6月時点

求人数・支援実績No.1のサポートを受けるなら「リクルートエージェント」がおすすめ。

公開求人数・非公開求人数ともに全エージェントの中で最多。

株式会社リクルートが運営する大手転職エージェント「リクルートエージェント」。

求人数がとにかく多く、公開求人数・非公開求人数ともに、紹介する全エージェントの中で最多である。

どの業界でも多くの求人を紹介してもらえるため、たくさんの求人情報の中からあなたに最適な転職先を一緒に探せるメリットがある。

「どの転職エージェントに登録したら良いか分からない」という方はまず最初に登録しておこう。

>> リクルートエージェントに登録する

2-2. 自分に合う求人を紹介してほしいなら「doda」

タクシー ドライバー 転職エージェント サイトdoda
引用:doda
特徴・転職サイトの併用が可能
・サポートの手厚さに定評
おすすめの人転職先とのミスマッチを減らしたい人
ドライバーの求人数2,540件
運営会社パーソルキャリア株式会社
公式HPhttps://doda.jp/
2023年6月時点

多くのドライバー求人を探すなら「doda」がおすすめ。

キャリアアドバイザーや採用プロジェクト担当は転職市場や業界、職種の知見が豊富。

転職のサポートはキャリアアドバイザーが、求人応募は採用プロジェクト担当におまかせしている。

キャリアアドバイザーは業種別、エリア別に担当がわかれているので専門性が高い。

求人の質の高さに定評あり。

自分に合った求人を紹介してもらいたい方におすすめ。

>> dodaに登録する

2-3. 手厚いサポートを受けたいなら「マイナビエージェント」

特徴・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・若者に特化した転職サポートが充実
おすすめの人・20代・30代の転職で手厚いサポートを受けたい人
・他の転職エージェントだけでは不安な人
ドライバーの求人数153件(非公開求人61件)
運営会社株式会社マイナビ
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/
2023年6月時点

20代・30代の転職に強い「マイナビエージェント」。

さまざまな業界の転職市場にくわしいキャリアアドバイザーがいるので、転職希望者にぴったりな他業種をおすすめしてくれる場合がある。

企業とやりとりを行うリクルーティングアドバイザーは、社内の雰囲気や働く人の様子を徹底的にリサーチ。

キャリアアドバイザーにも企業の情報が共有されるので、転職希望者の強みと企業の求める人材像がマッチしているか判断して紹介してくれる。

転職が初めての方も多く、一つひとつの質問に応じてくれる。

手厚いサポートを受けたい方におすすめ。

>> マイナビエージェントに登録する

3. タクシードライバーへの転職に失敗しない転職エージェントの選び方3選

タクシードライバー向けの転職エージェントを選ぶ際には、下記3つの基準で選ぶとあなたに合うエージェントを選べる。

それぞれ詳しく解説していく。

3-1. タクシードライバーの求人数が多いエージェントを選ぶ

自分に合う求人に出会うには、より多くの求人から選ぶのがポイント。

各転職エージェントにより取り扱う求人は違い、1社でしか保有していない独占求人もある。

求人数は多い方が選択肢が増え、より自分の希望に合う求人が見つかりやすいので、タクシードライバーの求人数が多いエージェントを選ぼう。

3-2. サポートがしっかりしているエージェントを選ぶ

エージェントのサポートを受けた方が効率良く転職活動ができる。

転職エージェントは多くの求人から、あなたに合いそうな求人をピックアップしてくれたり、企業とのやりとりを代行してくれたりと、手間が減る。

また履歴書・職務経歴書の作成サポートや面接対策をしっかり行ってくれるエージェントだと、より効果的にアピールできるアドバイスをしてくれる。

手間なく効果的に転職活動を進めるために、サポートがしっかりしているエージェントを選ぼう。

3-3. キャリアアドバイザーと相性の良いエージェントを選ぶ

転職活動にあたり、担当のキャリアアドバイザーがあなたのことを正確に理解してくれるかどうかは大事なポイントである。

キャリアや性格・価値観を理解してもらえると、職場環境や働き方など、よりあなたに合う求人を紹介してもらえる可能性が高まる。

企業とのやりとりもアドバイザーを通して行うので、合わないアドバイザーに転職活動を任せるのは難しい。

あなたにとって相性が良い、信頼できると思えるキャリアアドバイザーのいるエージェントを選ぼう。

4. 転職エージェントを賢く利用する3つのコツ

転職エージェントを賢く利用するコツは以下の3つ。

1つずつチェックして、転職エージェントを利用する準備を進めよう。

4-1. 総合型と特化型のエージェントを併用する

総合型と特化型の転職エージェントは特徴が違う。

総合型は幅広い求人の保有や転職支援実績の多さ、全体的な転職市場をふまえたアドバイスが魅力。

特化型はタクシー業界に精通したアドバイザーのサポートが受けられたり、業界の現状や働き方などの情報収集ができたりする。

転職活動をする上ではどちらにも良い部分があるため、まずは併用してみよう。

4-2. 希望条件の優先順位をはっきり伝える

転職エージェントでは、あなたとのヒアリングから合いそうな求人を紹介してくれる。

しかし、希望全てを叶える求人は難しい。

譲れない条件は何か、できれば叶えたいが優先度の低い条件は何か、明確に伝えるとアドバイザーは求人を紹介しやすくなる。

あなたにとっても、転職後に不満を持ちにくくなることへつながるだろう。

4-3. 選考のサポートを受ける

転職エージェントはあなたの特徴を効果的に伝える書類の書き方、面接での振る舞いやアピールの方法など、選考通過のためのノウハウを持っている。

自分だけで書類作成や面接対策をするよりも、効率よく、より効果的な対策ができる。

内定に近づくためには、転職エージェントで選考のサポートを受けるのがおすすめ。

5. 後悔しないために知っておきたいタクシードライバーの仕事事情

転職後「こんなはずじゃなかった」「こういう仕組みとは知らなかった」とならないように、タクシードライバーの基本的な事情を知っておこう。

5-1. タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーの仕事は、お客様を希望の目的地まで安全に輸送することである。

交通状況も考慮しながら、状況に応じたルートを選択して目的地へ向かう。

そして料金メーターで計測した金額を運賃として徴収する。

その他、車内・外の清掃や運行前の車両点検のような車両の管理も行う。

タクシードライバーは自由度が高く一人で仕事を行うため、自分のペースで働きたい人におすすめだ。

5-2. タクシードライバーの平均年収は約360万円

厚生労働省のデータによるとタクシードライバーの全国平均年収は約360万円で月額では19.2万円。

タクシードライバーの給与は歩合の部分が大きいため、勤務時間帯やエリアも給与に影響する。

首都圏や夜間の勤務をする人の方が年収は高い傾向にある。

年収が歩合制なことに不安を感じる人は、固定給の割合が多い企業を選ぶと安心して働けるだろう。

5-3. タクシードライバーの給与体系

タクシードライバーの給与体系は主に3つある。

それぞれ下表にまとめたので参考にしてほしい。

給与体系概要補足
A型賃金固定給+歩合+各種手当+賞与・固定給の割合が高く、歩合によるプラス部分は少ないが安定している
・A型賃金は現在、首都圏では少ない
B型賃金歩合給/完全歩合制・月間売上×歩率、歩合率で給与が決まる歩合制
・成果報酬型の給与体系
AB型賃金固定給+歩合給+賞与(但し賞与は毎月支給額の一部)・現在の主流の給与体系で、A型とB型を合わせたスタイル
・固定給+歩合給から一部の金額を賞与に回す

どの給与体系を採用しているのかは企業によって違うので確認が必要である。

また、企業によって固定給と歩合給の割合は違うので、確認しよう。

5-4. タクシードライバーの勤務形態

タクシードライバーには主に3つの勤務体系がある。

それぞれ下表にまとめたので参考にしてほしい。

勤務形態概要補足
昼日勤朝から夕方まで8時間勤務(休憩1時間)一般的なオフィスワークのようなリズムで働ける
夜日勤夕方やから深夜まで8時間勤務(休憩1時間)深夜の割増料金があり、売上も高くなる傾向があるため、昼日勤より稼ぎやすい
隔日勤務昼と夜を合わせた2日分を1回で勤務する。(休憩3時間)・勤務のあとが明け休になり、公休も合わせながら、月に11〜13勤務する
・都市部では主流の働き方。

自分の生活スタイルに合う働き方を選ぼう。

5-5. タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーの必須資格は以下の2つ。

  • 普通自動車第一種運転免許
  • 普通自動車第二種運転免許

以上2つの免許があればタクシードライバーとして働ける。

ただし、普通自動車第二種運転免許の取得には「年齢21歳以上でかつ普通免許の取得から通算で3年以上」という条件がある。

普通免許のみで応募ができ、二種免許の取得は入社後でも可能な求人もある。

金銭面での免許取得のサポートをしてくれる企業もあり、普通免許さえあれば転職は可能だ。

しかし首都圏の一部地域では「地理試験」があり、営業区域内の地理に関する試験に合格する必要がある。

6. タクシードライバーへ転職するための7ステップ

転職エージェントを利用した場合の、タクシードライバーへ転職するまでのステップを紹介する。

転職エージェントに登録

まずは総合型のエージェント1〜2社と特化型エージェント1〜3社に登録しよう。

担当のキャリアアドバイザーからヒアリング

各エージェントの担当者からあなたの経歴や希望条件などについてヒアリングが行われる。

ヒアリングで明確な希望条件を伝えることが、あなたに合う求人紹介につながる。

複数の担当者と話をするのは面倒に感じるかもしれないが、担当者との相性を確認するためにもヒアリングは重要である。

求人紹介

ヒアリングを踏まえて、あなたに合う求人を紹介してくれる。

紹介された求人に応募しないことも可能。

自分で選んで、気になる求人に応募ができる。

履歴書・職務経歴書の作成

履歴書・職務経歴書を作成する。

アドバイザーが作成のサポートや添削を行ってくれる。

応募・書類選考

エージェントが企業への応募や書類の送付などを行う。

書類選考がない企業もある。

面接

書類選考に通ったら面接へ。

面接日の設定もエージェントと企業側で行ってくれる。

面接対策のサポートを受けることも可能。

内定

合否の連絡もエージェントを通して行われる。

内定後の条件交渉も代行してくれる。

7. まとめ|転職に後悔しないようタクシー業界に精通したエージェントを利用しよう

タクシー業界特化型の転職エージェントでは、業界に精通したキャリアアドバイザーからあなたに合う求人の紹介や選考サポートを受けられる。

一方、総合型の転職エージェントは業界に囚われない広い視野でのアドバイスや求人紹介をしてくれる。

特化型と総合型のエージェントを2〜5社登録し、最終的に自分に合うキャリアアドバイザーと転職を進めていくのが良い。

より多くの求人を見たり幅広いアドバイスを参考にしたりしながら、転職後に後悔のないようにしっかり情報収集を行おう。

良い転職エージェントに出会うことは、あなたらしく働ける企業への転職を叶える第一歩になるはずだ。

8. タクシードライバーへの転職でよくあるQ&A

都内でタクシードライバーに転職するなら?

東京都内でタクシードライバーに転職するなら「タクサポ」へ登録しよう。

「タクサポ」は東京都専門で、約400社の中からあなたに合う1社を見つけるサポートをしてくれる。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職活動を自分で進めるか、エージェントの担当者と進めるかが大きな違いだ。

転職エージェントでは非公開求人を紹介してくれたり、選考のサポートを行ってくれたりする。

転職サイトでは自分で求人を探して応募するため、自分のペースで転職活動ができる。

タクシードライバーで転職を考えるなら、転職エージェントの方が希望の転職を叶えやすいだろう。

タクシードライバーの良いところとは?

A.タクシードライバーの良いところとして、例えば以下3つの点があげられる。

  • 未経験でも始めやすい
  • 歩合制な部分が大きいため、仕事をすればした分だけ自分に返ってくる
  • 社内の人間関係に悩まされない
SHARE
気になる内容をタップ