転職に失敗したらどうすればいい?典型例から対処方法まで徹底解説

再転職 方法

転職に失敗したらどうしよう
失敗したら人生詰むかもしれない…
転職を繰り返さないためのコツも知りたい

上記のように、転職を考えているけれど踏み切れない方や、失敗に不安を抱える方もいるでしょう。

結論、転職に失敗しても再就職できるので問題はありません。

自分だけでは不安に感じる方は「マイナビエージェント」に登録して面談を行い、じっくり原因を分析してもらうといいでしょう。

本記事を参考にして転職に望めば、自分にピッタリな転職先が見つかり、仕事に関する悩みがガラッと解消されますよ。

転職エージェントおすすめな理由
マイナビエージェント・丁寧なヒアリングに定評あり
・武器になるスキルや実績を棚卸ししてもらえる
リクルートエージェント・業界最大の求人数なので希望の求人が見つかる
ビズリーチ・企業から直接スカウトがもらえるので失敗しにくい

この記事の要約・まとめ

Q 転職に失敗するおもな理由を教えてください

A 次の5つがよくある失敗とその理由です。

上記に当てはまらないように、事前によく転職エージェントに相談しましょう。

プロのコンサルタントに相談すれば、上記のような失敗が防げますよ。

転職エージェントおすすめな理由
マイナビエージェント・丁寧なヒアリングに定評あり
・武器になるスキルや実績を棚卸ししてもらえる
リクルートエージェント・業界最大の求人数なので希望の求人が見つかる
ビズリーチ・企業から直接スカウトがもらえるので失敗しにくい
Q 転職に失敗しないためにとれる対処法は何ですか?

A 必ずやっておきたいのが「転職エージェントへの相談」です。

プロのコンサルタントは、典型的な失敗例やよくある勘違いを熟知しています。

彼らに相談せず転職することは、道案内がないまま登山をするようなもの。

無料で相談できるので、一度じっくり話をしてみて転職先を決めると失敗せずに済むでしょう。

どこがいいか迷う方は、丁寧なヒアリングに定評のある「マイナビエージェント」がおすすめです。

>> マイナビエージェントに登録する

気になる内容をタップ

転職を失敗してしまった理由を年代別に解説

転職 失敗_h2_転職を失敗してしまった理由を年代別に解説

転職に失敗しやすい年代ごとの理由は、以下のとおりです。

20代によくある転職失敗|自分の実力に過信してしまうから

20代の若者は自信に満ち溢れていることが多いです。

新しい環境でのチャレンジに積極的である反面、自分の能力を過信してしまう傾向がみられます。

転職をする際には、自分の実力を客観的に見極めることが重要。

とくに、未経験の業界や職種に転職する場合は特に注意が必要です。

十分な準備や学習を行わずに転職を決めてしまうと、失敗する可能性が高くなるでしょう。

20代の転職で準備したいこと
  • キャリアプランを考える
  • 武器になるスキルや実績を洗い出す
  • 学生時代で頑張ったことや挫折を言語化する
  • キャリアプランに沿った転職先・業界を決める・

不安な方は、「マイナビエージェント」に面談をしてもらい、自分の武器となる実績やスキルを棚卸ししてもらうと失敗確率を減らせるでしょう。

>> マイナビエージェントに登録する

30代|条件にこだわり過ぎるから

30代になると、経済的な安定やキャリアアップを求めがちです。

そのため転職を考える際に、条件にこだわり過ぎる傾向が見られます。

30代がこだわりたい条件
  • 年収
  • 勤務地
  • 役職やポジション
  • 住宅手当といった福利厚生

しかし、条件だけにこだわると、自分の成長や新たなチャレンジの機会を逃してしまうこともあります。

転職を成功させるためには、条件だけでなく、自分が成長できる環境や、やりがいを感じられる仕事も重要です。

40代|そもそも成功できる可能性が低いから

40代になると、転職の難易度は高くなりがち。

もっているスキルや会社で働ける残り年数の面で、他の候補者に劣ると見られることがあります。

また、業界よってはそもそも40代からの転職は難しい場合もあります。

40代からの転職が厳しい業界例は?
  • ベンチャー企業
  • IT・Web系エンジニア
  • 広告・マーケティング業界
  • アパレル・ファッション業界

一方で40代は、自身の強みや経験を生かせる転職先を見つければキャリアアップが可能です。

たとえば管理職やプロジェクトマネージャーの経験は、どの業界へ行っても活かせます。

実績や経験が豊富な40代なら「ビズリーチ」に登録して、企業からのスカウトを待ちましょう。

>> ビズリーチに登録する

転職の失敗につながりやすい5つの典型例

次の5つの例に当てはまる場合、再び転職につながりやすいので注意が必要です。

典型例1:前職が良かったとひきずる

転職をする際に、前職の良い部分を忘れられずにいることがあります。

前職での良かった経験や充実感を思い出し、新しい職場で同じような環境や経験を期待する傾向があります。

言ってしまいがちな前職をひきずる言葉
  • 「前の職場では〜」
  • 「昔はもっと〜だったのに」
  • 「ここは〜ができない会社なのか」

上記のような言葉をつい言ってしまう人もいるでしょう。

しかし、過去の良い経験に固執することは、新しい環境での成長やチャレンジの機会を逃すことにもつながるでしょう。

転職を成功させるためには、前職の良い部分を尊重しつつも、新しい職場でのポテンシャルや可能性を見極めるのが重要です。

典型例2:仕事内容が思っていたのと違う

転職をする際には、転職先の仕事内容についてしっかりと調査する必要があります。

しかし、実際に働いてみると思っていた仕事内容とは異なる場合があります。

仕事内容が自分の理想と合わない場合、やる気やモチベーションが低下し、転職を後悔することになるかもしれません。

転職を考える際には、仕事内容についての情報収集や自分のスキルや興味に合った職場を選ぶことが大切です。

なお「マイナビエージェント」なら、ヒアリングに時間をかけてくれるため、上記のようなミスマッチが起こりにくい。

転職に失敗したくないなら、一度利用しておきたい転職エージェントだ。

>> マイナビエージェントに登録する

典型例3:自分の能力がうまく発揮できない

転職をしても、自分の能力を十分に発揮できない場合があります。

能力が発揮できないときによくある原因
  • 上司と合わない
  • 同僚とのコミュニケーションがとれない
  • 新しい職場のルールがわからない
  • 業界の暗黙のルールがわからない

はじめは上手くいかない場合でも、諦めずに自身の成長のためと考えて耐えれば、うまくブレイクスルーできるかもしれません。

すぐに判断せず、少し様子を見ることも必要でしょう。

典型例4:社風や文化が合わない

転職をする際には、転職先の社風や企業文化にも注意が必要です。

自分のスタンスや価値観と合わない社風の中で働くことは、ストレスや不満を引き起こす可能性があります。

転職を成功させるためには、自分に合った社風や企業文化を重視し、自分の意志や理念に共感できる職場を選ぶことが重要です。

どのような社風・文化なのかは、転職エージェントを利用すると事前にわかります。

マイナビエージェント」のコンサルタントに相談し、自分のスタンスとマッチするかを確認しましょう。

>> マイナビエージェントに登録する

典型例5:転職の軸がはっきりせずエージェントに相談してしまう

転職をする際には、転職の軸や目的がはっきりしていることが重要です。

エージェントに相談する段階で自分の軸が曖昧なだと、転職後に「本当は違った」と感じてしまうでしょう。

相談前にはっきりさせておきたい軸
  • 希望する収入
  • 希望の勤務地
  • 譲れない勤務条件や福利厚生

転職を考える際には、自分のやりたいことや目指す方向性を明確にし、それを軸にして相談や選択を進めることが大切です。

はっきりとした軸を持つことで、自分自身の選択や判断がしやすくなり、転職を成功させることができるでしょう。

転職に失敗した人が抱きやすい後悔の実例2つ

転職 失敗_h2_後悔・失敗談をご紹介

転職に失敗した人が抱きやすい後悔の例として、以下3つを紹介します。

同職種でも商材が変わって結果を残せなかった後悔・失敗談

上記の投稿は、同じ業界で転職したものの失敗した人の例です。

営業成績が良いからと調子に乗って転職してしまった結果、失敗につながりました。

同業種での転職は前の会社とのつながりが継続する場合もあるため、避けたい方は「マイナビエージェント」に相談して問題ないか確認するといいでしょう。

また、もっと自分に合う転職先を提案してもらえる可能性もあります。

>> マイナビエージェントに登録する

社風が合わなかった後悔・失敗談

社風と自分の性格が合わないと出社が苦痛になります。

いくら好きな仕事でも社風が合わなければ、違和感を感じて実務に支障をきたしてしまうケースも。

転職エージェントに内情を聞いてもらい、あらかじめ社風や文化を把握しておきましょう。

転職の失敗を繰り返さない!再就職で気をつけること3選

転職 失敗_h2_再転職活動で気を付けること

再就職にあたり、次の3点は必ず気をつけておきましょう。

希望の業界と職種の情報を徹底的に調べる

転職 失敗_h2_希望の業界と職種の情報を調べる

転職を考える際には、まず希望する業界や職種について十分な情報を集めるのが重要です。

業界や職種によっては、求人情報や仕事の内容、給与などに大きな違いがあるため、自分に合った条件を把握する必要があります。

転職前に調べる方法
  • SNSで口コミを調べる
  • 企業の決算書を読んでおく
  • 代表の著書がないか調べる
  • 転職会議みん評で口コミを調べる

ほかにも業界トレンドや将来性についても把握することで、自分の将来のキャリアについてより具体的なイメージを持つことができます。

わからない場合は、転職エージェントに登録してプロのコンサルタントに質問してみましょう。

転職エージェントおすすめな理由
マイナビエージェント・丁寧なヒアリングに定評あり
・武器になるスキルや実績を棚卸ししてもらえる
リクルートエージェント・業界最大の求人数なので希望の求人が見つかる
ビズリーチ・企業から直接スカウトがもらえるので失敗しにくい

仕事内容をイメージできる求人に応募する

転職 失敗_h2_仕事内容をイメージできる求人に応募する

転職を成功させるためには、自分が実際に働くことをイメージできる求人に絞って応募しましょう。

おすすめなのは転職エージェントに登録して、実際の求人をよく見ることです。

求人から具体的なイメージを持とう
  • 勤務地
  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • もらえる給料
  • 有給休暇の日数
  • 使える福利厚生

上記の情報をしっかりと読み込み、自分に合った仕事内容を選ぶと失敗が減らせます。

また、コンサルタントに詳しく調査してもらったり、社員のSNSを見たりして、自分が応募したい求人の雰囲気や環境をイメージすることも有効です。

転職エージェントに相談する

転職 失敗_h2_転職エージェントに相談する

転職を考える際には、転職エージェントのサポートを受けましょう。

転職エージェントがもつノウハウを利用すれば、転職の失敗確率をグッと減らせます。

転職エージェントのもつノウハウ
  • 面接での質問内容
  • 実際に転職した人の本音
  • 書類審査の通過率を上げるコツ

上記のようなノウハウやコンサルタントがもつネットワークを活用すれば、より効率的に転職活動を進められます。

また転職エージェントは非公開求人も保有しています。

自分自身では見つけることが難しい求人にも出会えるでしょう。

転職エージェントおすすめな理由
マイナビエージェント・丁寧なヒアリングに定評あり
・武器になるスキルや実績を棚卸ししてもらえる
リクルートエージェント・業界最大の求人数なので希望の求人が見つかる
ビズリーチ・企業から直接スカウトがもらえるので失敗しにくい
薬キャリ・薬剤師の転職に特化している
・コンサルタントの顔がわかる
レバウェル看護・看護師の転職に特化している
・電話でヒアリング完了するので手軽に使える
hape Agent・営業職に特化している
・書類通過率90%以上
アクシスコンサルティング・コンサルタント業界に特化している
・コンサル業界で20年以上の歴史がある
ギークリー(Geekly)・IT、Web系に特化している
・IT、Web系の求人数が27,000件以上ある

まとめ|転職に失敗したくないならプロの転職エージェントを頼ろう

転職は、自分ひとりで進めていくと失敗しやすい傾向があります。

もう一度、典型的な失敗例を見たい方は「転職の失敗につながりやすい5つの典型例」をご覧ください。

転職での失敗をもっとも効率的に防ぐなら、エージェントを利用するのがベストです。

よほど転職経験が多くない限り、プロのコンサルタントに相談したほうが間違いが減らせます。

ただし、質の良い転職エージェントを選ぶことが大切。

どのエージェントが良いか迷うなら、丁寧にヒアリングをして希望を聞き取ってくれる「マイナビエージェント」に相談しましょう。

>> マイナビエージェントに登録する

転職に失敗したときによくあるQ&A

転職に失敗したら人生終わりですか?

終わりではない。

転職が当たり前になりつつ世の中の流れや、人手不足の業界も多くあるため、何度でも挑戦できる。

詳しくは、以下の記事でも解説している。

転職に失敗してすぐ辞めるのは大丈夫ですか?

なるべく避けたい。

短期間での離職は、次の転職活動にマイナスの影響を与える可能性が高いためだ。

そうならないよう、事前に転職エージェントに相談しておくと良いだろう。

どうしてもツラいなら「マイナビエージェント」に相談して、次の転職先を探してもらうのがベターだ。

>> マイナビエージェントに登録する

40代以上で転職失敗するともう終わりですか?

これまでの実績やスキルを言語化し、武器にすれば転職できるだろう。

ただし、自分だけで言語化すると間違った内容になる可能性もある。

客観的に伝わる言語化をしたいなら、プロのコンサルタントに頼るのがおすすめ。

以下の記事を参考に、40代・50代ならではの対策を行っていこう。

SHARE
気になる内容をタップ