40代ハイクラス転職を成功させるには?実情やテクニックを徹底解説

40代 ハイクラス転職

40代のハイクラス転職って難しい?
転職で失敗したら嫌だ…
ハイクラス転職の実情を知りたい

上記のように、転職について悩んでいる方や、実情を確認したうえで転職しようか決めたい40代の方は多いだろう。

結論、40代のハイクラス転職は経験やスキルが武器にできるので有利に進められる。

とくに管理職・マネージャーや経営ポジションの経験があれば、需要が高い。

たとえば「ビズリーチ」ならマネージャークラスの求人が5,000件以上あり、年収1,000万円のものも多数だ。

そのほか、本記事では40代のハイクラス転職市場の実情や、ハイクラス人材に求められる要素などを徹底解説する。

記事を読んで行動を起こせば、自分にピッタリな仕事が見つかり、収入も仕事も満足行く幸せな生活が送れるだろう。

この記事の要約・まとめ

Q 40代は転職市場でも需要がありますか?

A ハイクラスにおいては需要が高い。

40代は、20代や30代にはない「マネジメントスキル」や「プロジェクトリーダー経験」がある。

長年の経験は若手にはない強みなので、ハイクラス転職の武器にできるだろう。

まずは「ビズリーチ」に登録してスカウトを待ち、自分の市場価値を見極めよう。

ビズリーチなら、公開されているだけでも以下のように300件近い求人がある。

ビズリーチでの検索結果
※2023年12月4日時点の求人データ
Q 40代ハイクラス転職で成功させる方法はなんですか?

A 転職エージェントを利用することだ。

ほかの転職者の情報を参考にしたり、求人をかわりに探してもらったりできる。

自分が情報を集める時間が節約できるので、効率的に転職活動ができる。

おすすめの転職エージェントは「40代ハイクラス転職に特化したおすすめ転職エージェント8選」を見てほしい。

Q なぜ転職エージェントを使ったほうが成功しやすいのですか?

A エージェントが蓄積している経験やノウハウを無料で活用できるからだ。

また、あなたの替わりに求人を探したり、書類添削や面接の練習もしてもらえる。

転職の案内人がいたほうが、自分だけで転職活動を行うよりも成功しやすいだろう。

なおアドバイザーとの相性もあるので、以下の記事から2〜5社のサービスを選んで併用すれば、さらに失敗を減らせる。

サービス名おすすめな人リンク
リクルートダイレクトスカウト優秀なヘッドハンターに担当してほしい詳しく見る
ビズリーチマネージャー以上の経験がある詳しく見る
doda X大手や有名企業に転職したい詳しく見る
リクルートエージェント選択肢を増やしたい詳しく見る
マイナビ転職エージェントハイクラス人材紹介会社を自分で選びたい詳しく見る
JACリクルートメント外資系、グローバル企業に転職したい詳しく見る
ミドルの転職管理職経験を活かしたい詳しく見る
レバテックキャリアIT・Web系に転職したい詳しく見る
【PR】たった1回の面接で100社の結果がわかるサービス「OSUMITSUKI」
【1都3県 営業特化の転職サービス】
大手~メガベンチャーまで!おまとめ面接を1回受けるだけで100社の1次面接結果を判定!通過企業は最終面接からイキナリSTARTできる!

>> (無料)OSUMITSUKIに登録する

気になる内容をタップ

40代ハイクラス転職の実情【結論】

40代ハイクラス転職の実情として、以下の5点をとりあげる。

40代の平均年収は男性で500万〜600万円台

国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均年収は以下のとおりだ。

40代の平均年収
  • 40代前半男性:582.1万円
  • 40代後半男性:629.2万円
  • 40代前半女性:317.9万円
  • 40代後半女性:323.7万円

あくまで平均ではあるが、男性と女性で平均年収が大きく異なるのがわかる。

女性は結婚・出産でキャリアが中断したり、その後の雇用形態にパートを選ぶ人も多いため、このような数字になっていることは念頭に置く必要があるだろう。

若手より求人数は減るが需要は十分

40代の転職市場は、全体の求人数は減るものの、特定の分野では以前として重要は高い。

40代では、未経験者や一般職への転職は難しくなるため、30代以下と比べて求人数が少なくなりがちだ。

しかし、管理職や経営層に近いポジションでは需要があり、ハイクラス転職市場では有利になる傾向がある。

たとえば「ビズリーチ」では、40代以上で年収1,000万円のハイクラス求人が300件ほど見つかった。

ハイクラス転職市場では、40代という年齢がむしろ有利に働くことがある。

>> ビズリーチに登録する

管理職・経営の中枢を担うポジションが多い傾向

40代のハイクラス求人市場では、管理職や経営の中枢を担うポジションが多く見られる。

例えばビズリーチで「経営ポジション・40代」の条件で検索したところ、108件の求人があった。

管理職・経営の中枢を担うポジションが多い傾向

背景には、40代ビジネスパーソンが長いキャリアを持ち、その多くが管理職の経験や高い専門性を備えている点がある。

40代のもつ経験やスキルは若手では容易には再現できず、有望な若手を同様のレベルまで育てるには長い時間が必要だ。

新規ビジネスの立ち上げや事業拡大、経営者の右腕を任せるような役割では、すでに十分な能力を備えた40代の人材が特に求められる。

結果として、豊富な経験と専門性を持つ40代が、管理職や経営の中核を担うポジションで重宝される傾向にある。

非公開求人の割合が高く転職チャンスは多数

ハイクラス求人の多くは一般公開されておらず、非公開求人として人知れず募集されている。

求人が非公開であるおもな理由
  • 経営上重要なポジションである
  • 経営戦略に直接的にかかわるものが多く、競合他社に情報を漏らしたくない
  • 社内で無用な憶測が飛び交うことを避けたい

上記のような背景があり、ハイクラス求人は限られた一部の人間だけに情報を開示される「非公開求人」として扱われる。

なおハイクラス特化の「ビズリーチ」であれば非公開求人が23,000件以上、「リクルートエージェント」では約30万件の非公開求人を取り扱っている。

40代のハイクラス転職はタイミングが重要

ハイクラス求人は、一般的な求人とは性質が異なることも念頭に置く必要がある。

ハイクラス求人の多くは管理職や経営の中枢を担うポジションであるため、欠員が出たタイミングで募集がかかるのが一般的だ。

加えて、1つの求人あたりの採用人数も非常に少ない。

つまり、希望にあう求人があるかどうかは運やタイミングの要素が非常に大きいのだ。

ハイクラス求人を見つけるコツ

 希望の求人が出てくるのを待つ

 今ある求人から選ぶ

すぐに希望条件を満たす求人が見つかる場合もあるが、基本的にハイクラス転職の成功には根気強くタイミングを待つ忍耐力を要すると思っておいて良いだろう。

40代のハイクラス転職に求められる条件・要素・スキル

40代のハイクラス人材に求められるものを、以下5つの観点から解説する。

管理職・マネジメント・組織運営経験

ハイクラス求人では、管理職経験やマネジメント能力、組織運営経験が問われるケースが非常に多い。

ハイクラス求人で問われやすい経験
  • 過去にマネジメントしたチームの規模や業務内容
  • チーム全体での成果や実績
  • その成果や実績を上げた要因
  • 個性が異なるメンバーをどのように統制したか

上記のような点に加えて、組織全体の方向性をふまえたプロジェクト推進、社会や競合の動きを把握・分析する視野の広さが求められる場合もある。

これまでのエピソードや数字を含めて、具体的にアピールできるよう準備しておきたい。

ハイレベルな専門性

40代のハイクラス求人では、管理職・スペシャリストなどポジションを問わず、ハイレベルな専門性は前提条件となる。

職務や特定分野における専門知識、希少性の高いスキルや経験などは需要が高く、高い報酬が設定されている。

管理職や組織運営の経験がなくても、高い専門性があればハイクラス転職は十分に可能だ。

ハイクラス転職に必要
  • 高い専門性
  • 希少性の高いスキル
  • 管理職やマネジメントの経験

マネジメント・スペシャリストいずれかの高い専門性が求められるため、定量的な実績とあわせてアピールすることが望ましいだろう。

柔軟性・学び続ける姿勢

40代のハイクラス求人では過去のノウハウやセオリーにとらわれず、柔軟に学び続ける姿勢が求められる。

経験値と柔軟性がなければ、新しい変化が起こせない。

40代は豊富な経験や成功体験があるほど、学習意欲・成長意欲が失われやすい年代だ。

年々変化が激しくなる現代社会において、同じノウハウやセオリーが通用しなくなるまでの時間も短くなっている。

急速な時代の変化を敏感に察知し、既存の枠組みを変えたり、新たな方法を取り入れたりといった柔軟な姿勢が欠かせないのだ。

協調性・適応力

40代は優れた能力で周囲を納得させつつも、チームの個性を束ねる統率力や、多くの人から協力を得られる人間性が欠かせない。

40代に求められるパーソナリティ

協調性:チームメンバーとのコミュニケーションを円滑に行うスキル

統率力:メンバーの個性を見極めて活かす力

人間性:メンバーやクライアントから信頼してもらえる言葉がけや行動

抜きん出た実績や経歴があっても、横柄な態度や周囲の意見を聞き入れられない頑固さでは、チームのメンバーには受け入れてもらえないだろう。

【尚可】ビジネスレベルの語学力・グローバル視点

ハイクラス人材を募集している企業には、海外進出を狙っている企業や、すでに海外拠点を持ってビジネスを展開している企業も多い。

そのため、グローバルに活躍できる語学力や視点を兼ね備えた40代が重宝される。

40代にあると良いスキル
  • 語学力(英語、中国語)
  • 異文化への適応
  • 海外マーケットの理解

上記のようなスキルや視点を持っていると、ハイクラス転職へのチャンスが広がる可能性がある。

今後さまざまな業界で市場のグローバル化が進むことが予想され、必須ではないものの、身につけておいて損はないだろう。

40代でハイクラス転職を成功させるためのポイント4選

40代のハイクラス転職を成功させるために覚えておきたいポイントについて、以下6つを解説する。

キャリア・スキルの棚卸しを行う

転職活動を始める前準備として、まずはここまでの経験・スキル・実績の棚卸しをしておきたい。

40代はビジネスパーソンとして経験豊富なため、なにが強みでどれをアピールすべきかが特定しづらくなる傾向がある。

応募企業によって募集要項や求める人物像が異なるため、求人内容にあわせてアピールポイントを変えるといったカスタマイズも必要になる。

キャリアやスキルを棚卸ししておくことで材料が明確になり、豊富なアピールポイントを企業にあわせて適切に使い分けられるようになるだろう。

譲れない条件を明確にする

数ある希望条件のうち、譲れない条件・妥協できないポイントを明確にしておく必要がある。

一般的な求人に比べてハイクラス求人は絶対数が少ない。

ただでさえ少ない選択肢のなかで、あれもこれもと条件を付けてしまうとフィットする求人がほとんどなくなってしまう。

譲れない条件の例
  • 年収
  • 役職
  • 勤務場所
  • 勤務時間
  • 休日休暇
  • 福利厚生 など

上記のような希望条件を書き並べてみて、優先順位をつける方法が有効だ。

この情報が羅針盤となり、企業選びをする際の迷いが大幅に軽減されるだろう。

中長期目線でチャンスを逃さない

40代のハイクラス転職は、中長期目線で転職活動を行うことが肝要だ。

そもそも求人数・採用人数が少ないことに加えて、企業が求める人物像の解像度も非常に高い傾向がある。

そのため、うまくフィットすれば強いマッチングが期待できる一方で、フィットする求人がなかなか見つからない場合も多いのだ。

企業がハイクラス人材を求めるタイミング例
  • 新規事業の立ち上げ
  • 海外や新拠点などへの事業拡大
  • 重要ポジションの欠員が出た場合

上記のようなタイミングを逃さないようこまめに求人をチェックし、希望にあった求人が出てきたら即アクションを起こせるような体制で臨むのが基本戦略となる。

なお自分で求人をチェックする時間がない人ほど転職エージェントを活用しよう。

どこがいいか迷う方は、スカウトが来る「ビズリーチ」と選択肢を広げやすい「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめだ。

40代ハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用する

40代がハイクラス転職を成功させるもっとも大切なポイントは、専門性の高いエージェントを利用することだ。

専門性が高いエージェントであれば、過去のノウハウが蓄積されており、あなたの悩みをズバッと解決できる。

プロ野球選手になりたいなら、プロ野球の経験者に教わるのが最も近道だ。

ハイクラス転職も同様で、失敗しないためには知識と経験がある人に任せるのが一番だ。

具体的には、次に紹介する転職エージェントを利用していこう。

40代ハイクラス転職に特化したおすすめ転職エージェント8選

数あるハイクラス転職サービスから8つを厳選して紹介する。

サービス名おすすめな人サポート対象
リクルートダイレクトスカウト優秀なヘッドハンターに担当してほしい年収600万以上
ビズリーチマネージャー以上の経験がある年収500万以上
doda X大手や有名企業に転職したい年収600万以上
リクルートエージェント選択肢を増やしたい制限なし
マイナビ転職エージェントハイクラス人材紹介会社を自分で選びたい制限なし
JACリクルートメント外資系、グローバル企業に転職したい制限なし
ミドルの転職管理職経験を活かしたい制限なし
レバテックキャリアIT・Web系に転職したい制限なし

ヘッドハンターを自分で選ぶなら「リクルートダイレクトスカウト」

ヘッドハンターを自分で選ぶなら「リクルートダイレクトスカウト」
おすすめの人・選択肢を増やしたい人
・じっくり転職活動を進めたい人
・ヘッドハンターを自分で選びたい人
メリット・ヘッドハンターを指名できる
・スカウトと求人検索を併用できる
・スカウトのみを利用するなら求人を探す手間がかからない
デメリット・本人のスペックによってスカウト数が大きく異なる
・自分のペースで転職活動を進めにくい
・不特定多数のヘッドハンターにレジュメが公開される(制限できない)
公式ホームページhttps://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、4,300名以上のヘッドハンターが携わるヘッドハンティング型の転職支援サービスだ。

スカウトサービスのため、求人を探す時間がなかなか取れない人や、自分に価値を感じてくれた企業と折衝したい人に適していると言える。

求人の多くは年収800〜2,000万円で、転職後の平均年収は950万円を超える。

企業とのマッチングはスカウトによって行われるため、基本的には登録後はオファーが届くのを待っていれば良い。

一方で、自分から能動的に求人検索もできる。

求人を紹介してもらう一般的な転職エージェントとは異なり、スカウトを待ちつつ自分からもアクションできる点が特徴だ。

最大手ならではの企業との太いパイプがあり、他社では知り得ない内部情報を持っているのも大きなアドバンテージだろう。

>> リクルートダイレクトスカウトに登録する

マネージャー以上の経験があるなら「ビズリーチ」

マネージャー以上の経験があるなら「ビズリーチ」
おすすめの人・マネージャー以上の経験がある人
・じっくり転職活動を進めたい人
・できるだけ転職活動の手間を軽減したい人
メリット・自分にあったエージェントを選べる
・スカウトと求人検索を併用できる
・アドバイザーの質が比較的高い
・対応を優先すべきスカウトがひと目でわかる(プラチナスカウト)
デメリット・本人のスペックによってスカウト数が大きく異なる
・無料版は利用できる機能が制限される
・登録時に審査があり、そもそも利用できない場合がある
公式ホームページhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、ハイクラスに特化したスカウト型の転職サービスで、マネージャー以上の経験がある方におすすめだ。

転職業界では後発でありながら、現在ではハイクラスの代名詞とも言えるポジションを確立している。

登録審査があるぶんほかのサービスに比べて敷居は高いが、審査を通過できる実績やスキルがある人にとっては有用なサービスと言える。

公式サイトには、実際にハイクラス転職に成功した人たちの体験談が数多く掲載されており、実績の多さが伺えるだろう。

なお、「プラチナスカウト」と呼ばれるものは、書類選考をスキップして面接が確約されているスカウトだ。

企業の熱量が高いスカウトのため、内定につながる可能性も必然的に高くなる。

ただし、ビズリーチは登録時点で審査がある。

サービスを利用するには審査に通過する必要があるため、まずは登録の申請をしてみると良いだろう。

>> ビズリーチに登録する

なおビズリーチに関しては、以下の記事も参考にしてほしい。

大手企業が良いなら「doda X」

大手企業が良いなら「doda X」
おすすめの人・大手や有名企業の求人を探したい人
・じっくり転職活動を進めたい人
・できるだけ転職活動の手間を軽減したい人
・ヘッドハンターのサポートを受けながら転職活動したい人
メリット・ヘッドハンターがランク分けされている
・スカウトと求人検索を併用できる
・対応を優先すべきスカウトがひと目でわかる(ダイヤモンド・プラチナスカウト)
デメリット・本人のスペックによってスカウト数が大きく異なる
・自分のペースで転職活動を進めにくい
・同業大手に比べると求人数が少なめ
公式ホームページhttps://doda-x.jp/

doda Xは、4,500名以上のヘッドハンターが携わるヘッドハンティング型の支援サービスだ。

スカウトサービスはその性質上、スカウトがたくさん届く人とそうでない人の格差が生まれがち。

dodaXはスカウト自体がランク分けされているため、たくさん届く人からすればどのスカウトを優先的に対応すべきか一目瞭然なのは便利な機能と言えるだろう。

大手企業を含む年収800万円以上の非公開求人を豊富に保有している。

職務経歴書を登録してオファーを待つことになるが、他社とは異なりオファーの内定率の高さを謳っている。

doda Xも自分で求人検索が可能なため、能動的・スピーディーに転職活動を進めたい人に向いているサービスと言えるだろう。

>> doda Xに登録する

選択肢を広げるなら「リクルートエージェント」

選択肢を広げるなら「リクルートエージェント」
おすすめの人・多くの選択肢から選びたい人
・実績あるサービスを利用したい人
・現年収に不安がある人
メリット・業界最大手で転職成功実績も豊富
・保有求人数は業界トップ
・豊富な企業データでサポートが充実
・交渉力が高い
デメリット・サポート期間に3か月の制限がある
・キャリアアドバイザーの当たり外れがある
・求人の質が低い場合がある
・応募を急かされる場合がある
公式ホームページhttps://ad.presco.asia/cl/?b_id=VXgL6Bsb&t_id=1

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントだ。

保有している求人数が圧倒的に多いため、選択肢を増やしたい人は必須と言えるだろう。

リクルートエージェント自体はハイキャリアに特化したサービスではないが、年収800万円以上に特化した「ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービス」を提供している。

ハイキャリア求人だけで公開・非公開あわせて10万件以上あるため、積極的に活用したい。

キャリアアドバイザーも10年以上経験がありそれぞれの業界に精通しているため、ハイキャリア転職の心強いサポーターとなってくれるだろう。

>> リクルートエージェントに登録する

人材紹介会社を検索するなら「マイナビ転職エージェントサーチ ハイクラス」

人材紹介会社を検索するなら「マイナビ転職エージェントサーチ ハイクラス」
おすすめの人・選択肢を増やしたい人
・自分にあった転職エージェント、人材紹介会社を探したい人
メリット・エージェント、人材紹介会社を検索できる
・スカウトと求人検索を併用できる
・スカウトのみを利用するなら求人を探す手間がかからない
デメリット・本人のスペックによってスカウト数が大きく異なる
・検索脚気から他企業のサービスを利用する際は再度登録が必要になる
・同業大手のなかでは求人がやや少ない
公式ホームページhttps://mynavi.agentsearch.jp/

マイナビ転職エージェントサーチハイクラスは、年収1,000万円以上を目指す人たちに向けた会員制サイトだ。

求人検索とスカウト機能が使えるほか、自分にあったエージェントや人材紹介会社を検索できるのが独自の特徴といえる。

人材紹介を直接検索できるだけでなく、得意としている分野から該当するエージェントや人材紹介会社を絞り込むことも可能。

同業大手のなかでは求人がやや少ないが、それでも5,000件を超えるハイクラス求人を保有している。

複数のサービスを併用して選択肢を増やすなら十分な数といえるだろう。

>> マイナビ転職エージェントサーチハイクラスに登録する

外資系なら「JACリクルートメント」
おすすめの人・管理職、専門職の求人を探したい人
・外資系、海外求人を探したい人
・専門性の高いコンサルタントを求めている人
メリット・管理職、専門職、海外案件に強い
・企業毎に担当者が付いており、専門性の高いサポートが受けられる
・原則24時間以内にレスポンスをくれる
デメリット・地方都市は案件が少ない
・専門性が高いため、求人数は少ない
・求められるスペックが比較的高い
公式ホームページhttps://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、外資系・海外進出している国内企業に転職したい人におすすめだ。

転職市場全体から見るとニッチな求人を専門に扱っているため、該当する領域で求人を探している人には登録必須のサービスと言える。

世界11カ国に26の拠点を持っており、国内外問わず幅広い求人を扱っているのが特徴。

もともとミドル層以上を対象としたハイクラス特化のサービスなこともあり、転職成功者の70%以上が35歳以上と言われている。

また、「サービスクオリティのお約束」という独自のルールを定めており、サポート体制も明確で手厚い。

特に特徴的なのは、キャリアアドバイザーが求職者ではなく企業ごとに付いている点だ。

紹介した求人の企業情報に最も精通したアドバイザーが適宜対応してくれるため、担当アドバイザーの当たり外れが少ないという独自のメリットがある。

ハイクラス転職の老舗と言える転職エージェントなので、活用しておいて損はないだろう。

  >> JAC Recruitmentに登録する

管理職経験を活かすなら「ミドルの転職」

管理職経験を活かすなら「ミドルの転職」
おすすめの人・選択肢を増やしたい人
・じっくり転職活動を進めたい人
・できるだけ転職活動の手間を軽減したい人
メリット・30代〜40代のハイクラス転職に特化している
・スカウトと求人検索を併用できる
・スカウトのみを利用するなら求人を探す手間がかからない
デメリット・本人のスペックによってスカウト数が大きく異なる
・他企業のサービスを利用する際は再度登録が必要になる
・社名非公開の求人が多い
公式ホームページhttps://mid-tenshoku.com/

ミドルの転職は、業界大手のエン・ジャパンが運営する30代〜40代のハイクラス転職に特化した転職サイトだ。

年収700万円以上の日系大手を中心とした管理職求人が多い傾向にある。全体的に求人のレベルが高いことに加えて、希少性の高い求人を多く扱っている。

一方で、社名非公開の求人が多いのはデメリット。社名を知りたい場合に実際問い合わせる手間が発生するので、公開されている求人に比べて工数が増えてしまう。

とはいえ、ターゲットが「30〜40代のハイクラス」に限定されているため、自分にとって不要な情報が少ないという意味では使いやすいサービスといえるだろう。

>> ミドルの転職に登録する

IT・Web系なら「レバテックキャリア」

IT・Web系なら「レバテックキャリア」
おすすめの人・手厚いサポートを求めている人
・IT系、Web系のエンジニア転職をしたい人
メリット・IT系、Web業界の転職成功実績No.1
・担当コンサルタントも業界に精通している
・秘匿性の高い極秘プロジェクトの担当などレアな求人も多数
デメリット・地方都市は案件が少ない
・ITエンジニア経験者でないと厳しい
・スキルが低いと対応が手薄になる傾向がある
公式ホームページhttps://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、IT系やWeb業界に転職したい人におすすめだ。

転職成功率96%、年収アップ率60%以上という高い実績を誇っている。

一方で、東京を中心とした都市部の案件がほとんどを占めているため、地方都市での転職には向かない側面もある。

職種特化でエリアも限定されるため人を選ぶサービスだが、都市部でエンジニア転職したい人にとっては必須と言えるサービスだ。

条件に該当する人はぜひ活用してもらいたい。

>> レバテックキャリアに登録する

まとめ|ハイクラス転職特化のサービスを積極的に活用しよう

一般的には転職が難しいとされる40代の転職。

しかし人材として経験・スキル・バイタリティのバランスが良く、最盛期ともいえる年代のため、ハイクラスの需要はむしろ高いといえる。

ただし、ハイクラス転職は自分に合う求人と出会える可能性は高くはない。

悩むよりもすぐに応募することが重要だ。

出遅れないためにも「40代ハイクラス転職に特化したおすすめ転職エージェント8選」からピンとくるサービスに登録しておこう。

どこがいいか迷う方は「ビズリーチ」や「リクルートダイレクトスカウト」を利用すれば間違いない。

なお2〜5社を併用すれば、良い求人に出会える確率が高まる。

40代のハイクラス転職でよくあるQ&A

「ハイクラス」の定義はなんですか?

ハイクラスという言葉や年収基準に明確な定義はないが、年収600〜800万円以上を指す場合が多い。

40代から未経験でハイクラス転職は可能ですか?

未経験でも、汎用性の高いスキルがあれば十分可能だ。

たとえば以下のようなスキルだ。

  • 管理職経験
  • マーケティング力
  • プロジェクトリーダーの経験

どの業種でも必要とされる経験やスキルがあれば重要は高い。

まずは「リクルートダイレクトスカウト」に登録してスカウトを待ってみてはいかがだろうか。

40代のハイクラス転職でおすすめの転職サイトはどれですか?

転職エージェントではなく転職サイトなら「ビズリーチ」だ。

自分で求人を探したり、企業からのダイレクトスカウトを待つ利用方法がおすすめ。

希望しなければ面談は不要なので、気軽に利用できる。

SHARE
気になる内容をタップ