PEファンド業界に強い転職エージェント・サイト4選

PEファンド業界 転職エージェント

PEファンドへの転職を考えているが情報が少ない
おすすめのエージェントが知りたい
ひとりでは不安なので専門的なサービスを受けたい

この記事に辿り着いたあなたは、PEファンドへの転職を考えているが、失敗せずに自分に合った転職先を見つけたいため、おすすめの転職エージェントを知りたいと考えていないだろうか。

結論、PEファンドに転職したいなら「リクルートダイレクトスカウト」や「ビズリーチ」を利用するのがおすすめ。

例えば、リクルートダイレクトスカウトなら、PEファンドの求人だけで約1,200件ほどあり、転職活動に難航している人でもあなたに合った企業が見つかりやすいと言える。

そもそも、PEファンド業界は経営に関わる内容が多いため、公開情報が少なく、転職活動に苦労している人も多いと予測できる。一方でPEファンドから投資先の経営に携わることができれば、30代でCxOのキャリアを積むことができ、多額の報酬と経験値を得ることでも知られている。

本記事を参考にすれば、PEファンドへの転職を行うのにおすすめの転職エージェントやPEファンドの転職市場など、あなたの知りたい情報を得られるだろう。

あなたの理想に近い転職先を見つけるためにも、ぜひ最後まで読んでほしい。

おすすめな人の特徴おすすめの転職エージェント
圧倒的な求人数のあるエージェントが良いリクルートダイレクトスカウト
自分のペースで転職活動を進めたいビズリーチ
リクルートダイレクトスカウトと併用で転職成功率UP
PEファンドへの転職を考えている人向けにおすすめ転職エージェント2選をピックアップ
【PR】たった1回の面接で100社の結果がわかるサービス「OSUMITSUKI」
【1都3県 営業特化の転職サービス】
大手~メガベンチャーまで!おまとめ面接を1回受けるだけで100社の1次面接結果を判定!通過企業は最終面接からイキナリSTARTできる!

>> (無料)OSUMITSUKIに登録する

気になる内容をタップ

1. PEファンドの転職におすすめの転職エージェント7選

PEファンドの転職におすすめの転職エージェントは次の6つだ。

  • リクルートダイレクトスカウト
  • ビズリーチ
  • コトラ
  • ヤマトヒューマンキャピタル
  • ロバート・ウォルターズ・ジャパン
  • コンコードエグゼクティブグループ
  • タイグロンパートナーズ

PEファンド業界に精通しているコンサルタントの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うと、自分では知りえない情報を得られることがある

他にもPEファンド業界特有の面接対策が行えたり、好条件の企業を紹介してもらえたりと、得られるメリットは多い。

PEファンドに転職を考えているなら、紹介する6つのサービスの中から最低でも1つは登録しておこう。

1-1. 圧倒的な求人数の中から自分に合った企業を見つけたいなら「リクルートダイレクトスカウト」

運営会社株式会社リクルート
PEファンドの求人数1,197件
対応地域全国、海外
拠点東京
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
※2023年9月現在

リクルートダイレクトスカウトは、将来海外に転職したい、特定の領域におけるハイクラス求人を探したいなどの具体の希望がある人におすすめ。

扱う求人は、年収600万円のミドルクラスから年収2,000万円以上のハイクラス求人で占めているかつ、求人数が最も多いのが特徴。

レジュメ(職務経歴概要)を登録すると、経歴・スキルに合った求人情報を保有するヘッドハンターや企業からのスカウトメッセージが届く。

実際に、登録してから1日も経たずに30件以上のスカウトメールが届いた人も。

また、あなたのお目当てのヘッドハンティング会社の中からヘッドハンターも検索できるため、あなたのニーズに合った求人に辿り着きやすいのも大きなメリットの一つ。

ヘッドハンターを自分で探せるのはリクルートダイレクトスカウトだけであるため、自分で特定のヘッドハンターを探したいなら登録することをお勧めする。

実際のヘッドハンター検索画面が下記となり、どの会社のヘッドハンターなのかもすぐにわかるのだ。

PEファンド 転職エージェント おすすめ リクルートダイレクトスカウト
実際のヘッドハンター検索画面。ほとんどのヘッドハンティング会社のヘッドハンターが在籍している。

リクルートダイレクトスカウトは他のスカウト型転職サービスと比べても、取り扱っている求人数は圧倒的に多いため、多くの求人から探したい人は登録するのがおすすめである。

>> (無料)リクルートダイレクトスカウトに登録する

関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判

1-2. 自分のペースで転職活動を進めたいなら「ビズリーチ」

運営会社株式会社ビズリーチ
PEファンドの求人数212件
対応地域全国、海外
拠点東京
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
※2023年9月現在

ビズリーチは、メールなどのテキストだけでやりとりをしたい人におすすめ。

転職エージェントではなく、スカウト型転職サイトのため、転職エージェントのような手厚いサポートはないが、電話などの煩わしいやり取りも一切ないのだ。

また、基本は無料だが、転職サイトでは珍しく、求職者からも月次費用を取るプレミアムプランというものがある。

なぜ有料のプランがあるのかについて、公式ページでは下記のように説明されている。

ビズリーチ、なぜ有料?それは、会員様のことを真のお客様だと考えているからです。
有料サービスではなかった場合、ビズリーチのお客様は企業とヘッドハンターになります。
すると、お金を支払う企業やヘッドハンターにとって都合の良いサービスとなり、
会員様は「企業やヘッドハンターにお金を支払ってもらうための」商品という位置づけになってしまうかもしれません。
選択肢に偏りはなく、それぞれ自分で選んで決めることができる、とてもフラットなサービスです。

引用:https://www.bizreach.jp/

また、高収入求人の数を調べたところ、ビズリーチは全求人の6割以上が年収800万円以上で、約26%が年収1,000万円以上の求人であることが分かった。

そのため、キャリアアップをして年収を上げたい人にはぴったりのスカウト型転職サイトだ。

また、2023年7月6日から新しく放送を開始したビズリーチのCMでは、「キャリアの健康診断」のようにビズリーチを市場価値の診断ツール的に利用することも推奨している。

そのため、転職する予定が今のところなくても、自分は今どれくらい価値があるのか?を診断するためにも利用してみるのがおすすめ。

また、手厚いサポートを受けたいなら「リクルートダイレクトスカウト」を併用することで、ハイクラス求人への転職成功率はグッと高まるだろう。

>> (無料)ビズリーチに登録する

関連記事:ビズリーチの評判

1-3. 業界特有のサポートを受けるなら「ヤマトヒューマンキャピタル株式会社」

運営会社ヤマトヒューマンキャピタル株式会社
求人数非公開(閲覧は可能)
対応地域全国、海外
拠点東京
公式サイトhttps://yamatohc.co.jp/
※2023/6/9現在

ヤマトヒューマンキャピタル株式会社は、M&AやPEファンド業界に特化した転職エージェントだ。

PEファンドへ転職するときに対策しておきたいモデリングテストや、業界の動向など専門的な支援を受けられることが特徴。

モデリングテストとは、財務モデル作成能力とバリュエーション能力を試すための試験である。

未経験者やPEファンドへの転職に不安を覚えている人は、登録しておいて間違いないエージェントだ。

>> ヤマトヒューマンキャピタル株式会社に登録する

1-4. はじめてのPEファンド転職なら「株式会社コトラ」

運営会社株式会社コトラ
求人数約21,840件
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡、海外
拠点東京
公式サイトhttps://www.kotora.jp/
※2023/6/9現在

株式会社コトラは、以下の業界のハイクラス転職に特化しているエージェントだ。

  • 金融
  • IT/WEB
  • コンサル業界

取引企業は大手優良企業を中心に4,000社を超えており、一流企業の非公開求人の紹介も数多く行っている

PEファンドへの転職を検討しているのであれば、まずは登録しておいて損はない転職エージェントだ。

>> 株式会社コトラに登録する

関連記事:コトラ(KOTORA)の評判

1-5. グローバルな転職を視野に入れているなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社」

運営会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
求人数約1,870件
対応地域関東、関西、海外
拠点東京、大阪、海外31ヶ国
公式サイトhttps://www.robertwalters.co.jp/
※2023/6/9現在

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社は、外資系企業や日系企業で英語力を活かせるポジションへの転職が得意なエージェントだ。

本社を置くイギリスだけでなく世界28ヶ国で転職支援を行っており、世界中から信頼を得ている。

外資系・日系で面接内容や採用条件などが変わるため、転職市場や動向について専門のコンサルタントからアドバイスをもらえる。

>> ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社に登録する

関連記事:ロバートウォルターズの評判

1-6. 質の高いサポートを受けたいなら「株式会社コンコードエグゼクティブグループ」

運営会社株式会社コンコードエグゼクティブグループ
求人数約140件
対応地域東京を中心に全国、海外
拠点東京
公式サイトhttps://concord-ib.careers/
※2023/6/9現在

株式会社コンコードエグゼクティブグループは、以下のジャンルが得意な転職エージェントだ。

  • コンサル
  • ポストコンサル
  • IT
  • 金融業界

2010年には、ビズリーチ主催の日本ヘッドハンター大賞でコンサルティング部門MVPを獲得するなど、高い実績を誇っている。

ハイクラス転職を中心に取り扱うため、これまでのキャリアを活かした就職先を探している人は、ぜひ登録しておこう。

>> 株式会社コンコードエグゼクティブグループに登録する

関連記事:コンコードエグゼクティブの評判

1-7. エグゼクティブな転職をするなら「タイグロンパートナーズ株式会社」

運営会社タイグロンパートナーズ株式会社
求人数8,000件以上
対応地域東京を中心に全国
拠点東京
公式サイトhttps://www.tiglon-partners.com/
※2024/2/7現在

タイグロン・パートナーズ株式会社は、コンサルや金融機関をはじめとしたエグゼクティブな転職に強いサービスだ。

フォローアップ体制を重視しつつ、ハイクラス転職を狙う人におすすめ。

転職支援に精通したコンサルタントから的確なアドバイスを受けることができる。

しかも、製造業や事業会社への転職も扱っており、数多くの求人の中から自分にぴったりの職業を見つけることができるのだ。

戦略的なアドバイスをもらい、役員・管理職を始めとしたハイクラス転職をしたい人はぜひチェックしておこう。

>> タイグロンパートナーズ株式会社に登録する

2. PEファンドの転職市場【高所得だが狭き門】

PEファンド業界の職種は、以下の2つのポジションに分けられる。

  • 投資担当
  • 投資した企業のバリューアップ担当

投資担当は、財務モデリングやデューデリジェンスなどの契約業務を行う。

バリューアップ担当は、ファンド内部で支援したり業務の一部をコンサルティングファームに外注したりするのが主な仕事だ。

どちらも要求されるスキル・経験が高く広範囲に渡るため、PEファンドの採用を狭き門にしている要因だ。

採用条件は高いが、企業が要求するスキル・経験を持ち合わせている人材が少ないため、一社あたりの年間採用数は少ない。

投資業務やM&Aにおける一連の事務手続きの経験が歓迎される傾向があるため、転職前にスキルを洗い出しておく必要がある。

3. PEファンドへの転職でエージェントの利用がおすすめな2つの理由

PEファンドへの転職でエージェントの利用がおすすめな理由は、以下の2つだ。

  • 業界特有の選考対策ができる
  • 転職に関する情報を入手できる

一般的にPEファンドの転職情報は市場へ出回りにくく、自分で好条件の求人先を探すのは難しい。

PEファンドへの転職を検討しているのであれば、エージェントを利用してコンサルタントのサポートを受けるのがおすすめだ。

3-1. 業界特有の選考対策ができる

PEファンドはモデリングテスト(ケーススタディー)と呼ばれる業界特有の面接方法があるため、慣れていない人は戸惑うだろう。

モデリングテストとは、財務モデル作成能力とバリュエーション能力を試すための面接形式のことだ。

エージェントを利用すると、業界の傾向を教えてもらえ、模擬面接の対策も行える。

業界に精通したコンサルタントのサポートを受けられるため、はじめてPEファンドへ転職する人も安心だろう。

3-2. 転職に関する情報を入手できる

PEファンドは、定期的な採用活動や人が辞めやすい時期が読みづらい傾向にある

しかしエージェントを利用すると、効率的な転職活動が可能だ。

また各エージェントは独自に非公開求人を保有しているため、選択肢が広がる点もメリットである。

非公開求人は役職やレアな求人が多いため、キャリアアップを目指した転職も可能だ。

まとめ| PEファンドの転職はエージェント選びが大切

PEファンドは採用時期などが読みづらく、業界ならではの特殊な面接を行うため、自力での転職は難しい。

本記事で紹介したエージェントに登録して活用すれば、効率的な転職活動が可能だ。

なかでもヤマトヒューマンキャピタル株式会社は、模擬面接など業界特有の面接対策のサポートが充実している。

PEファンドへの転職を成功させたいのであれば、ぜひ登録してサービスを最大限に活用し、今度に活かしてほしい。

>> ヤマトヒューマンキャピタル株式会社に登録する

PEファンドの転職に関するよくあるQ&A

PEファンドの転職は未経験でもできる?

未経験でもPEファンドへの転職は可能。

ただしモデリングテストなど特殊な面接対策などを十分に行っていないと、転職活動が難航すると考えられる。

転職エージェントを利用して対策するのがおすすめだ。

PEファンドの転職に適した年齢は?

20代〜30代の転職であればスムーズに進むだろう。

20代であればポテンシャル採用が期待でき、30代以降であれば企業の求めるスキル・経験が必須。

どの年代でも難易度は高い傾向にあるが、若いうちに経験を積んでおくとスムーズな転職が可能である。

PEファンドの転職は難易度が高い?

他の業界に比べ高い傾向にある。

PEファンドで扱う業務は経営の一部を担うポジションのため、企業側は優秀な人材を獲得したいと考えている。

そのため採用基準が高く、未経験やスキル・経験が不足していると転職の難易度がさらにあがる可能性が高い。

SHARE
気になる内容をタップ