早く仕事辞めたい人がすべき準備は?脱出する3つの方法や見極め方

早く仕事辞めたい

今の仕事が辛すぎ!なるべく早く辞める方法はある?
早く仕事を辞めたいけれど、辞めどきが分からない。
1日でも早く辞めて、仕事のストレスから解放されたい!

結論、退職日の2週間前までに退職届を出せば、1日でも早く仕事を辞められる。

2週間という期間は法律上(第六百二十七条)で定められており、この期間を守れば訴えられることはない。

雇用契約書などに「1ヶ月前までに退職届を提出」とあっても、例外を除いて法律が優先される。

もし最短2週間と聞いて「1ヶ月ぐらいは頑張れる」などであれば、外部の人に相談するのを検討してほしい。

ユニークキャリア」や「マイナビエージェント」のようなキャリア相談できるサービスなら、円満退職するためのアドバイスや仕事探しまで無料でサポートしてくれる。

本記事では早く仕事を辞めたいときに取るべき3つの方法や、辞めどきを見極めるポイントを紹介する。

最後まで読めば、早く仕事を辞める方法が分かり、円満に退職して仕事のストレスから解放されるはずだ。

この記事の要約・まとめ

Q 仕事を1日でも早く辞めたいのですがどうしたらいいですか?

A 2週間後を退職日にして、あとは有給を使って出勤しない方法が最速だ

たとえ就業規則上が1か月前までの申告だったとしても、法律違反にはならないので大丈夫。

有給が14日間もない場合や、どうしても気まずい場合は退職代行を使う方法もある。

たとえば「退職代行ガーディアン」なら、申し込んだ日から出勤の必要がない。

29,800円でストレスフリーな生活が取り戻せるので、ぜひ検討してみてほしい。

>> 思い切って退職代行ガーディアンを利用する

Q 早く仕事辞めたいのですがどのタイミングで辞めればいいですか?

A 次の3つに当てはまるなら、今すぐ仕事を辞めてもいいだろう。

とくに20代後半より上の方は、転職の難易度も上がっていくので、はやめに決断したほうがいい。

迷うなら「ユニークキャリア」や「マイナビエージェント」など、相談できるサービスを利用してみよう。

転職のプロがあなたに合う仕事を見つけてくれる。

Q 仕事を辞めるときに使いやすい転職エージェントはありますか?

A 以下にあげる転職サービスがおすすめだ。

特徴を見ながら、自分に当てはまりそうなサービスを使ってみよう。

おすすめの転職エージェント特徴
ユニークキャリア・企業の取締役に直接相談できる
・LINEで相談が完結するので気軽に利用できる
マイナビエージェント・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・若者に特化した転職サポートが充実
ビズリーチ・年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上
・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
キャリドラ・キャリアに関する悩みをプロに相談できる
・キャリアのパーソナルトレーニングをしてくれる

なお、できれば早く転職活動を終えるためにも、2〜4社を併用するといいだろう。

気になる内容をタップ

早く仕事を辞める3つの方法

なるべく早く仕事を辞めるためには、以下の3つの方法がある。

退職日の2週間前に退職届を提出する

就業規則上は退職日の1ヶ月前までに退職届を提出することになっているケースも多いかもしれない。

しかし民法では期間の定めのない雇用契約の場合、退職の申し出について以下のように定められている。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:e-gov法令検索|民法

法律上は退職日の2週間前までに退職届を出せば問題ない。

民放に則って退職の2週間前に退職届を提出すれば、最短で仕事を辞められるはずだ。

ただし、年俸制や有期雇用などの場合は2週間前に退職届を提出が無効になる可能性もあるため注意しよう。

また、法律上は2週間前の申し出で問題がなかったとしても、基本的に退職時はなるべく早めに伝えるのがマナーだ。

円満に退職したいなら、自分のいる会社の就業規則に従おう。

退職日まで有給を使う

退職届を提出してから実際に退職するまでは、2週間から1ヶ月ほどタイムラグが発生することがほとんどだ。

退職日までの期間で残っている有給休暇を消化すれば、会社に行く日数を減らせる。

退職の申し出をしてから、上司や同僚と顔を合わせるのが気まずくて会社に行きたくない人は、積極的に有給を利用しよう。

ただしブラック企業の場合、有給の消化を拒否してくるかもしれない。

実際、Xでは以下のような体験談も見られる。

もちろん、有給休暇の使用は権利なので、嫌な顔をされても関係なく利用しよう。

業務の引継ぎや挨拶など最低限の業務を済ませたら、残りは有給休暇の消化に充てるのがおすすめだ。

退職代行を利用する

直接退職届を会社に提出するのが難しい場合は、退職代行を利用しよう。

実際に以下のようなXの投稿も見られる。

退職代行は利用料金が発生するものの、自分の代わりに退職に関する手続きを進めてもらえるので、確実に退職できる。

特に以下のような状況では、退職代行に頼るのがおすすめだ。

退職代行を頼ったほうがいいケース
  • 退職を申し出ても取り合ってもらえない
  • 退職の話でトラブルになった
  • 自分から退職を言い出せない
  • パワハラを受けている

退職代行ガーディアン」は確実・即日・365日全国どこでも退職代行をしてくれるサービスだ。

東京労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が運営しているため、正式な代理人として会社に退職を交渉してもらえる。

どのような条件であっても追加料金は一切なく、一律29,800円で利用できるのもメリットだ。

早く仕事を辞めたいのに辞められず悩んでいる人は、ぜひ利用を検討してみてほしい。

>> 思い切って退職代行ガーディアンに申し込む

仕事を早く辞めるべき3つの状況

仕事を早く辞めるべき状況は以下の3つだ。

ブラック企業で働いている

厚生労働省は『若者の「使い捨て」が疑われる企業等』として、いわゆるブラック企業の一般的な特徴を以下のように定義している。

1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

引用:厚生労働省|確かめよう労働条件|Q.「ブラック企業」ってどんな会社なの?

このような労働環境は心身への悪影響が大きいため、早めに退職を検討しよう。

仕事を辞めるべきか迷っている場合は、自分が働いている会社がブラック企業に当てはまらないか確認してみてほしい。

職場の人間関係が悪化している

職場の人間関係が悪いと、仕事のモチベーションや生産性が下がりやすくなる。

「仕事は仕事」と割り切っていても、業務上やむを得ずコミュニケーションを取る機会もあるはずだ。

上手く連携が取れないと成果にも影響し、自分の仕事上の評価が悪くなることもあるかもしれない。

まず自分から積極的にコミュニケーションを図るなど努力をしてみて、改善しないようであれば辞めるべきだろう。

体調を崩している

仕事のストレスが原因で体調を崩している場合は、無理せず早めに退職を検討するべきだ。

ストレスの原因を取り除かないと症状が悪化し、治るのも遅くなってしまう可能性がある。

仕事が原因の体調不良で悩んでいる場合は、一度仕事から離れてしっかり休養することを優先しよう。

仕事の辞めどきを見極める3つのポイント

仕事の辞めどきを見極めるときは、以下の3つのポイントに着目しよう。

仕事を通して成長できるか

今の仕事を続けていて、自分の成長につながるか考えてみよう。

仕事で学ぶものがないのに続けていても、自分の市場価値を高められないまま年齢だけ重ねてしまう。

ただし、仕事で学ぶものがないと感じるときは、自分が仕事に対して受け身になっていないか先に考えておこう。

どの会社にいても、自分から学びにいく姿勢は大切だ。

受け身になっていると成長の機会を逃してしまうため、自分の仕事に対する姿勢を振り返ってみよう。

自分のキャリアプランを叶えられるか

自分が思い描くキャリアを整理した上で、今の会社でそれが実現できるかを考えてみよう。

今は仕事が辛くても、将来的に自分のやりたいことが実現できるなら辞めずに続けるべきだ。

5年後、10年後と中長期的なキャリアプランを考え、今の仕事を続けるかどうかを判断しよう。

なお自分で判断するのが不安な方は「マイナビエージェント」に申し込んで、プロのコンサルタントに見てもらうといいだろう。

>> マイナビエージェントを利用する

昇給・昇進が見込めるか

昇給・昇進が見込めない会社にいると、生涯年収が下がり、市場価値も上がらないといったデメリットがある。

特に自分のいる会社が以下のような状況の場合は、辞めどきといえる。

辞めどきなタイミング
  • 人事評価の基準が曖昧
  • ポストの空きがない
  • 学歴や性別が昇給・昇進に影響する

自分の努力では昇給・昇進が難しい場合は、制度の整った会社への転職を検討しよう。

仕事を辞める前に準備しておくべき3つのこと

仕事を辞める前にやっておくべき行動は以下の3つである。

辞める前に一度休んでみる

早く仕事を辞めたくて悩んでいるときは、まず休暇を取って仕事から距離を置いてみよう。

心身をリフレッシュさせることで、仕事へのモチベーションが戻る可能性もある。

有給休暇は社員の権利であり、会社側が取得を拒否するのは違法だ。

また、体調を崩している場合は休職して療養することも検討しよう。

退職した後の手続きや生活について考える

退職時は、年金や健康保険の手続きが必要になるケースも多い。

転職先を決めずに退職する場合は、失業保険や貯金についても考えておく必要があるだろう。

検討しておきたいおもな項目
  • 健康保険:国民健康保険か任意継続か?
  • 雇用保険:手当は受給すべきか?
  • 住民税:前年の所得に応じた税金が払えるか?

何も決めずに退職してしまうと「こんなはずではなかった」と後悔するリスクがある。

あらかじめ退職した後の手続きや生活について、具体的に考えておこう。

転職エージェントに相談する

早く仕事を辞めたいと一人で悩んでいるときは、転職エージェントへ相談するのもおすすめだ。

キャリア相談や求人紹介だけでなく、退職交渉や円満退職のコツをアドバイスしてもらえる。

今の仕事の退職から転職先への入社まで親身にサポートしてくれるだろう。

転職エージェントは、転職するか迷っている人でも利用できる。

また「ユニークキャリア」のようなサービスであれば、転職だけでなく起業相談も可能なので、今後のキャリアの選択肢をより広げることも可能だ。

相談した結果、今の仕事を続ける選択をしても問題ないので、気軽に利用してみよう。

>> ユニークキャリアに相談してみる

早く仕事を辞めたいときに利用すべき転職サービス3選

早く仕事を辞めたいときは以下の転職エージェントの利用がおすすめだ。

おすすめの転職エージェント特徴
マイナビエージェント・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・若者に特化した転職サポートが充実
ビズリーチ・年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上
・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
キャリドラ・キャリアに関する悩みをプロに相談できる
・キャリアのパーソナルトレーニングをしてくれる

転職エージェントを利用することで、仕事の辞めどきや円満退職のコツをアドバイスしてもらえるはずだ。

仕事を辞めるか一人で悩んでいるなら、ぜひ転職エージェントに相談してみてほしい。

サポートの手厚さを求めるなら「マイナビエージェント」

特徴・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・若者に特化した転職サポートが充実
おすすめの人・20代・30代の転職で手厚いサポートを受けたい人
・他の転職エージェントだけでは不安な人
公式HPhttps://mynavi-agent.jp/

サポートの手厚さに定評のある「マイナビエージェント」。

親身になって利用者のサポートをしてくれるので、仕事の辞めどきや円満退職する方法までサポートしてくれるはずだ。

さまざまな業界の転職市場にくわしいキャリアアドバイザーがいるので、転職希望者にぴったりな他業種をおすすめしてくれる場合がある。

企業とやりとりを行うリクルーティングアドバイザーは、社内の雰囲気や働く人の様子を徹底的にリサーチ。

キャリアアドバイザーにも企業の情報が共有されるので、転職希望者の強みと企業の求める人材像がマッチしているか判断して紹介してくれる。

転職が初めての方も多く、一つひとつの質問に応じてくれる。

手厚いサポートを受けたい方におすすめだ。

>> マイナビエージェントに登録する

自分の市場価値を確かめるなら「ビズリーチ」

ビズリーチ ハイクラス 転職 サービス サイト
引用:ビズリーチ
特徴・年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上
・優秀なヘッドハンターからスカウトが届く
おすすめの人・ハイクラス転職を狙いたい人
・中長期的に転職を検討している人
公式HPhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上あるハイクラス向けの転職サービス。

優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトが届く可能性があるため、仕事を辞めるのを決意した時から、登録しておくのをおすすめする。

また、5,478円の有料プランに入ればビズリーチにある求人すべてを検索・応募可能。全スカウトに返信ができる。

無料プランは優良企業と一流ヘッドハンターからのスカウトのみ返信ができ、一部の求人だけ応募ができる。

ハイクラス求人だけをチェックしたい方や、自分の市場価値を理解したい方におすすめだ。

>> ビズリーチに登録する

仕事を辞めた後に一生使えるスキルを身につけるなら「キャリドラ」

キャリドラ 転職 スキル キャリアトレーニング
引用:キャリドラ
特徴・キャリアに関する悩みをプロに相談できる
・キャリアのパーソナルトレーニングをしてくれる
おすすめの人・確実にスキルを身につけて転職したい人
・現状の把握や課題を洗い出したい人
公式HPhttps://careerdrive.jp/

自分の市場価値をあげ、仕事を辞めた後に一生使えるスキルを身につけるなら「キャリドラ」はおすすめだ。

市場価値が高い人材として活躍できるように、キャリアの「パーソナルトレーニング」サービスを提供している。

例えばコースの1つには「論理的思考能力アップトレーニング」がある。

ロジカルに答えられるようになれば、面接をはじめ入社後の印象も良くなるだろう。

転職エージェントとは別の角度からのサポートを受けたい方はキャリドラを検討しよう。

>> キャリドラに登録する

まとめ|早く仕事を辞めたいなら転職エージェントに相談しよう

2週間後を退職日にして申告し、あとは有給を使って出勤しなければ最速で仕事が辞められる。

もう一度詳しく見たい方は「早く仕事を辞める3つの方法」をチェックしてほしい。

ただし、円満に代謝したいなら、就業規則に従うのがベターだ。

引継ぎや挨拶など最低限の業務を済ませたら、退職日まで有給を消化すると良いだろう。

仕事の辞めどきや円満退職のコツを知りたいときは「マイナビエージェント」「ビズリーチ」などの転職エージェントに相談しよう。

円満に退職して仕事のストレスから解放されたいなら、転職エージェントを積極的に活用してほしい。

なお、自分から退職の申し出をするのが難しい場合は、退職代行を利用する選択肢もある。

退職代行ガーディアン」なら、申し込んだその日に出勤しなくてよい。

早く仕事を辞めたいときによくあるQ&A

仕事を最短で辞めるにはどうするべき?

期間の定めがない雇用契約であれば、退職日の2週間前に退職届を提出すれば最短で退職できる。

就業規則上は退職日の1ヶ月前となっている場合でも、民法上は退職日の2週間前で問題ない。

ただし円満退職を目指すなら就業規則に従うことをおすすめする。

早く辞めた方がいい会社の特徴は?

自分のいる会社がいわゆる「ブラック企業」と呼ばれる会社である場合は、早めに退職を検討しよう。

厚生労働省は「若者の『使い捨て』が疑われる企業等」を以下のように定義している。

1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

引用:厚生労働省|確かめよう労働条件|Q.「ブラック企業」ってどんな会社なの?

ブラック企業で働いていると、心身への負担が大きくなり、体調を崩してしまう可能性もある。

自分のいる会社がブラック企業ではないかチェックしてみよう。

SHARE
気になる内容をタップ