MENU

理学療法士は生活できないと言われる理由と実態を人事が暴露

理学療法士 生活できない

理学療法士は生活できないほどヤバい状況なの?
このまま理学療法士として生きていくにはどうすればいい?

この記事に辿り着いたあなたは、理学療法士は生活できないほど大変なのかを知りたいのではないでしょうか。

結論、理学療法士が生活できないほど困窮することはありませんが、余裕がある生活は難しいです。

実際、理学療法士の昇給はほぼなく、退職金に関してもかなり少ないという実態があります。

本記事を書いた筆者は元人事なので、給与や退職金については把握していました。

そんな理学療法士であっても、年収700万円~800万円くらいを稼ぐ方法もあります。

子育て中でお金のやりくりに苦戦していたり、将来が不安な方はぜひ最後までお付き合いください。

もし、すでに理学療法士として働いていて、今のままじゃ生活もままならないという人は、転職エージェントを利用して転職することを検討してみてください。

転職することで年収アップする可能性は非常に高く、かつ理学療法士から一般企業へ転職するという道も十分あります。

転職したい人は下記の表も参考にして、登録してみてください。

おすすめな人の特徴おすすめの転職エージェント(無料)
一般企業に転職して年収を上げたいマイナビエージェント
※一般企業ならこれで間違いなし
理学療法士のまま別の職場で働きたいレバウェルリハビリ
充実したサポートを受けて転職を成功させたいPTOTSTワーカー
あなたの特徴別におすすめの転職エージェント3選をピックアップ
気になる内容をタップ

理学療法士は生活できないと言われる3つの理由

理学療法士は生活できないと言われる理由は、下記の3つです。

  1. 理由①:給料が上がらないから
  2. 理由②:退職金が少ないから
  3. 理由③:老後の生活ができないから

すべてお金に関する悩みですね。

1つずつ見ていきましょう。

理由①:給料が上がらないから

理学療法士は生活できないと言われる最大の理由が、給料が上がらないためです。

すでにPTとして働いている方はわかっていると思いますが、本当に昇給がありませんよね。

なぜなら、診療報酬の影響で理学療法士の給料は決まるから。

詳細は、理学療法士と作業療法士の給料が安い5つの理由【給料を上げる方法は?】でまとめていますが、診療報酬によって理学療法士が稼げる金額は限度が決まっており、ほとんど稼げないようになっています。

そのため、会社としても、会社への貢献以上に給料を出すこともできないのです。

給料が上がらないので子育てもきついですし、マイホームもキツイ、それどころか自分自身の生活すらできないというわけですね。

特に2023年に入ってからは、物価と税金ばかり上がってふざけんな!という感じですよね…

ホントに…

ちなみに、理学療法士の平均年収は知っていますか?

求人ボックス(PT平均年収)によると、全体の平均年収が357万円となっています。

2021年9月に国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態調査統計」によれば、現在の日本人の平均年収は約430万円なので、大きく下回っていますね。

下記は、平成16年~31年までの、理学療法士の年収推移を現した表です。

理学療法士 年収推移

出典:https://1post.jp/5754

過去15年間において、上がっていないことがわかります。

また、養成校が激増した影響で理学療法士の母数が増えたことにより、PTの給料は下降傾向にあります。

そこに加えて、物価高や税率の上昇です。

給料は増えないのに、食料品はどんどん値上がりしていますし、税金も高くなる一方。

このような理由で、理学療法士の給料が上がらないため生活できないと言われています。

理由②:退職金が少ないから

理学療法士は生活できないと言われる2つ目の理由が、退職金の少なさにあります。

下記の表をご覧ください。

理学療法士の退職金は、マックスでも400万円~450万円程度しか出ません。

リハビリ職 退職金

出典:中小企業の賃金・退職金事情(令和2年版)

理学療法士の退職金は、勤続年数1年に対して、平均8万7000円ほどといわれています。

一般的な中小企業では、30年勤続した場合の退職金は、700万~1000万程度といわれているので、2倍~3倍の差がありますね。

病院勤務の場合、退職金はかなり少ない傾向にあります

筆者がいた地方の回復期リハビリテーション病院(200床)の場合、勤続33年の退職金は500万円ほどでしたので、大体あっていると思われます。

老後を考えるなら、雀の涙程度の退職金です。

理学療法士の別の道は?資格を活かせるセカンドキャリアおすすめ職場一覧でまとめていますが、病院で働くPTは56%ほどいます。

このまま病院で理学療法士として働くべきなのか、考えたほうがよいでしょう。

理由③:老後の生活ができないから

理学療法士は生活できないと言われる理由の3つ目が、老後の生活ができないためです。

退職金の少なさは前章で解説したので省きますが、問題はもう1つあります。

それは、定年退職後に再雇用されにくいという点です。

なぜなら、理学療法士はどんどん若手が入社してくるから。

定年を迎えたベテランより、将来が明るい新卒を企業は採用します。

給料が安いだけでなく、扱いやすいためです。

つまり、理学療法士が定年を迎えたら退職金と年金で生活するしかなくなるので、生活できないと言われているのです。

このような事実に気づいた新人さんが、辞めていく傾向にあります

まあ、理学療法士の場合は、早い段階で転職すれば年収500万円~650万円は普通に行くので、正しい判断なんですけどね。

参考:理学療法士を1年目で辞めたい…【安心して辞めてよい3つの理由】

実態は?本当に理学療法士は生活できないほどヤバいのか

結論、理学療法士は本当に生活できないほどヤバいのかというと、半分は本当で嘘です。

本当に生活が苦しい理学療法士もいれば、余裕そうな人もいました。

根拠は実際に働いていた病院の理学療法士です。

具体的には、下記のような人たちがいました。

  1. 独り暮らしの人(20代~50代)
  2. 独身貴族を謳歌している人(30代以上)
  3. 子供が4人もいる人(20代後半~30代前半)
  4. 新婚で子供はいないが作る予定の人(20代半ば~30代前半)
  5. 実家暮らし(20代~40代)

実家住みで通っている人は、不自由なく生活できて当たり前なのでスルーしますが、一応載せました

独り暮らしを始めた1年目の新人の中でも、ヒーヒー言っている人もいれば、余裕そうな人もいました。

前者は奨学金返済+車のローンが苦しかったそうで、お昼ご飯は毎日素うどん。

後者は奨学金がなく、車も持たずに自転車で通勤しており、毎週金曜日に銭湯へいって夕食を食べるのが趣味だそうです。

このように、同じ1年目であっても、生活が苦しい人もいればそうでない人もいました。

同じ収入であっても、支出が大きく違うんですよね

奨学金は仕方ありませんが、問題なのはどれだけ無駄を削れるか。

お金がないと言っている人の多くは、下記のような特徴があります。

  1. 無理して高い家賃を払っている
  2. 身の丈に合わない高級車を購入した
  3. 複数のサブスクに加入しているが使っていない
  4. 格安simを使わない
  5. コンビニに毎日行く
  6. ATMを使いまくる
  7. お金がかかる趣味をしている

上記のような特徴が見られます。

つまり、生活できないと言っている理学療法士には、「生活スタイルに問題があることもある」ということです。

実際に、同じ収入でも普通に暮らせている事例がありますからね。

結婚についても同様です。

理学療法士は結婚できないという嘘を人事が暴露【PTの結婚実情】で解説していますが、結婚できないわけがありません。

奨学金を繰り上げ返済している人もいましたからね。

結局は、無駄を削っているかどうか。

都心で無理しているなら、下記の2つを実践するしかありません。

  • 地方に引っ越す
  • 生活レベルを下げる

これらができるかどうかでも、大きく支出は変わります。

理学療法士は本当に生活できないほどヤバいのかというと、つまるところは人によるのです。

生活できない理学療法士にならないための対処法3選

生活できない理学療法士にならないための対処法は下記の3つです。

  1. 対処法①:転職する
  2. 対処法②:副業する
  3. 対処法③:スキルを磨く

1つずつ解説します。

対処法①:転職する

生活できない理学療法士にならないための対処法の1つ目が、転職することです。

転職して年収の底上げを狙いましょう。

また、理学療法士は年収低いという現実!負け組ではない理由を人事が解説で解説していますが、理学療法士の給料は本当に上がりません。

昇給・昇進は期待しないほうがよいでしょう。

では、どこに転職すればいいのかというと、訪問リハビリへの転職がおすすめです。

なぜなら、訪問リハビリにはインセンティブがあるから。

訪問リハビリはインセンティブ制度(歩合制)があるため、働けば働くほど稼げます。

ピンとこないと思うので例を出しますね

仮に、下記の条件だとします。

  • 1件5000円
  • 50件以降インセンティブ発生

訪問件数が月に100件だったとします。

51件目からインセンティブが発生するので、5000円×50件=25万円が、インセンティブとして給与に上乗せされます。

月給が30万円なら、そこに25万円が加わるので、月給55万円(年収660万円)になるというわけです。

実際に、病院を辞めて転職する理学療法士の多くは、訪問リハビリに行きましたね

子育て費のため、奨学金のためと、理由はそれぞれでしたが、稼ぐなら訪問リハビリ一択です。

行動するなら早めをおすすめします

理学療法士をやめたい…9割が知らない「今」転職すべき理由で解説していますが、「今」行動しないと、どんどん自分の首を絞める事になるためです。

数年後、理学療法士として働けない…なんてことになりたくありませんよね。

将来も安定して働きたいなら、理学療法士の将来性と今のうちからすべきことを知っておくことをおすすめします。

関連記事
理学療法士をやめたい…9割が知らない「今」転職すべき理由

対処法②:副業する

生活できない理学療法士にならないための対処法の2つ目が、副業することです。

副業で収入源を複数に増やし、本業だけに頼らない生活を送ります。

理学療法士の副業で多いのは、下記の通りです。

  1. 訪問リハビリ・看護のアルバイト
  2. 児童発達支援のアルバイト
  3. デイケア・デイサービスの機能訓練アルバイト
  4. 介護施設のアルバイト

どれも理学療法士の資格を活かした副業です。

時給は高めなので、月5万円程度なら難しくないでしょう。

非常勤アルバイトになりますが、求人サービスを使ったほうが、より好条件の求人を探せますよ

興味がある方は、下記をご活用ください。

すべて無料です。

対処法③:スキルを磨く

生活できない理学療法士にならないための対処法の3つ目が、スキルを磨くことです。

なぜなら、これからの時代は「普通の理学療法士」があふれるから。

養成校の乱立により、ただの理学療法士が増え続けています。

その結果、職の供給が需要を超えるので、働きたくても働けない状況になるリスクがあるのです。

そうなったとき、どんな人が採用されるのかというと、専門分野やスキルがある理学療法士です。

特に強みがない理学療法士と、特定分野に強いPTなら、後者の方が選ばれるのは明白ですよね。

だからこそ、今のうちからスキルを磨く必要があります。

その他、理学療法士として勝ち組になる方法は、勝ち組PTに聞いた!最も簡単に理学療法士が勝ち組になる方法でまとめています

効率的に稼ぎたい方は参考にしてください。

関連記事
勝ち組PTに聞いた!最も簡単に理学療法士が勝ち組になる方法

理学療法士を1年目や2年目でやめたい…転職してもいいの?

理学療法士を転職するといっても、年次によってどうしていいのかわからないと思います。

特に、1年目や2年目にとっては。

結論、理学療法士を転職するなら、1年目や2年目の方が有利なことも多いです。

なぜなら、若い理学療法士が不足しているから。

若い理学療法士は、それだけで需要があるんです。

だから、1年目だからとか、2年目だからとかで躊躇しなくていいんです。

むしろ、先に動いた方が給料が増えやすいですし、人間関係のストレスからも解放されますよ。

1年目~3年目の方でやめてもしてもいいのか悩んでいる方は下記も参考にどうぞ

関連記事
理学療法士を1年目で辞めたい…【安心して辞めてよい3つの理由】
理学療法士を2年目でやめたい…転職前に人事が伝えたい3つのこと

今後はどうなる?生活できない理学療法士は増え続けるのか

それでは、今後も生活できない理学療法士は増え続けるのかというと、そうでもないはずです。

正確にいえば、生活できないほどお金が稼げない理学療法士と、コンスタントに稼げる理学療法士に分かれるということですね。

根拠は下記の3つ。

  1. 副業の解禁
  2. 最近の新人は転職が前提で働いている
  3. 徐々に行動する理学療法士が増えている

1つ目の理由が、副業の解禁です。

2018年に、政府公認で副業が解禁されました。

その影響で、副業を始めるサラリーマンが増加し続けています。

理学療法士も例外ではなく、副業で稼ぎだしている点が証拠ですね。

未だに「副業はダメ」という古い体質の職場はリハビリ職に多いですが、副業OKの時代に合った職場も増えています。

副業で稼いでいる理学療法士もいれば、副業OKの職場に転職しつつ年収を上げているPTもいます

2つ目の理由が、最近の新人は転職前提で働いていることです。

何が言いたいのかというと、「良い意味で将来と国に期待していない」という意味ですね。

将来に悲観的だからこそ、自力でどうにかしなければならないという思考が最初からあります。

転職や副業で「自分の生活を守る」ことが前提なので、本業だけに頼らない分、収入源が複数あるのです。

そのため、「お金が足りないから生活できない!」なんて事態にもなりません。

副業が禁止されていてもやるべき時代なので、転職するかバレないように副業したほうがいいですよ

関連記事
理学療法士の副業はバレる?副業禁止でもすべき理由と対処法

3つ目の理由が、徐々に行動する理学療法士が増えているということです。

転職や副業をして収入源を増やさなとヤバいという事態に気づいたPTが増えているんですよね。

多いのは、訪問リハビリへの転職です。

理学療法士が金持ちになる方法を大公開【稼ぎ方とロードマップ】で解説していますが、年収500万円くらいなら余裕でいきますからね。

筆者がいた病院では、グループ企業が訪問リハビリをしていたので希望者が非常に多かったです。

希望者が増えたことで、訪問リハビリの求人はすぐになくなる傾向にあるので、これ以上ライバルが増える前に行動したほうがよいと思われます。

将来的には、生活できないほどお金が稼げない理学療法士と、コンスタントに稼げる理学療法士に分かれる。行動するかしないかで大きく変わる。

まとめ:「理学療法士は生活できない」は半分が真実で半分が嘘

理学療法士は生活できないといわれる理由をご紹介しました。

  1. 理由①:給料が上がらないから
  2. 理由②:退職金が少ないから
  3. 理由③:老後の生活ができないから

どれもお金に関する理由でしたね。

たしかに、給料が上がらないというのは、物価と税金だけが上がり続ける現代において致命的です。

しかし、それは環境を変えれば解決します。

つまり、「理学療法士は生活できない」というのは、半分は本当で半分は嘘なのです。

問題なのは、「では、どうするか」ということ。

そのまま同じ職場でのほほーんと働き、「お金が足りない!」と文句を言い続けるのか。

それとも転職や副業を始めて、きちんと対処するのか。

ヤバいと気づいて行動する人が増えると、ライバルも比例して増えるので、対策は早ければ早いほど良いです。

行動できる人だけが、幸せをつかめるでしょう。

今回は以上です。

SHARE
気になる内容をタップ